専修大学法科大学院

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,064
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    同院へ提出した、2005年度ステイトメントです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自己PR
     志望理由書2にあるように、私が目指す法曹とは地域住民に身近な法曹であり、市民紛争のスペシャリストです。とするなら、紛争を解決するための法的知識のみならず、依頼人からの信頼を得るためには豊かな人間性・高い倫理観や、上手に対話する能力、すなわち依頼人が不快に思ったり、他の法律家に依頼しようと思ったりさせない対話能力がなくてはなりません。
     そこで自分自身を分析してみると、たしかに私の持つ法的知識まだまだ足りません。しかし、確固たる法的知識を持つことは将来法曹となったときに身に付けているかが問題となるものであるので、法科大学院に入学後の自己の学習態度に関わるといえます。ここで、自分自身を考えてみると、私は法を学ぶ専門のスクールに入学する以上、半端な気持ちではなく全身全霊で勉学に勤しむつもりです。また、私は十分完成された道徳観を備えていると自負します。なぜなら、私は高校時代に孔子の道徳観に感銘を受け、常にそうした道徳観に従って行動しているからです。そしてそれ故に、依頼人から信頼を得るための対話能力にも長けていると思います。さらに、大学時代には同好会の総務という職を務めることで中心的..

    コメント3件

    pupurun 購入
    接続詞の使い方や誤字がある点が、気になりました。
    たとえば、自己PRの4行目「そこで」、前の文章の流れからすれば、対話能力の話になるはすですが、法的知識の話になっています。志望理由4行目「この点」という接続詞についても、同じことがいえるでしょう。
    また、同4行目「しかし」も、前の文章との逆接関係になっていません。
    2005/12/18 18:46 (11年前)

    ja062057 購入
    参考になった
    2006/11/10 11:37 (10年1ヶ月前)

    yoshi0817 購入
    good
    2007/08/02 11:40 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。