「クローン技術と生命倫理学」-技術の哲学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,047
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    クローン哲学生命倫理学ドリー

    代表キーワード

    哲学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「技術の哲学」レポート
    『クローン技術と生命倫理学』
    <はじめに>
    クローン技術・脳死患者からの臓器移植といった生命にかかわる分野での技術の進歩が
    著しい今日、私には技術の進歩と歩調をあわせて発展するはずの「倫理観」の立ち遅れが
    あるように思われてならない。生物の構造の秘密を全て秘めた遺伝子に人間が手を加える
    ことで生まれたクローン技術、何を以って死とするのかさえ不明確なまま法制化された脳
    死者からの臓器移植、人間の生命そのものにかかわる問題の捉え方。携え方である倫理観
    について考えようと思い、私は『クローン技術と生命倫理学』をレポートテーマに選んだ。
    1.クローン技術の確立
    クローン羊で知られるドリーの誕生は、数十年に渡る進歩を結集した結果である。羊の
    生殖学、遺伝子学、細胞培養技術等、これらすべてにおけるゆっくりとした困難に満ちた
    進歩が寄与しあって、ドリーは誕生した。クローン製造における最も重要な技術は細胞核
    移植で、1 つの細胞の完全な核が、それ自身が取り除かれた卵子中に取り込まれる。肺の成
    長を健康で正常なものとして進めようと努めた研究者達は、最初はカエルの卵から実..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。