ぶーにゃんさん累積訪問者(293,693名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:117件

  • 「クローン技術と生命倫理学」-技術の哲学
  • 「技術の哲学」レポート  『クローン技術と生命倫理学』  <はじめに>  クローン技術・脳死患者からの臓器移植といった生命にかかわる分野での技術の進歩が 著しい今日、私には技術の進歩と歩調をあわせて発展するはずの「倫理観」の立ち遅れが あるように思われてならな
  • 550 販売中 2008/09/08
  • 閲覧(3,200)
  • 判例検討-不倫な関係にある女性に対する包括遺贈と公序良俗違反
  • 民法判例  不倫な関係にある女性に対する包括遺贈と公序良俗違反  論点「不倫な関係にある女性に対する包括遺贈の行為は公序良俗違反 を構成するか?」  <序論>  重婚的内縁関係とは、一方において婚姻関係が継続していながら、他方におい て内縁関係が存在する場合の
  • 550 販売中 2008/02/01
  • 閲覧(2,416)
  • 判例検討-内縁関係の法的性質・不当破棄
  • 民法判例―内縁関係の法的性質・不当破棄  最判昭和33年4月11日第二小法廷判決  論点①「内縁の法的な性質は何か?」  ②「内縁関係を不当に破棄した場合に当事者はどのような法律関係に立 つのか?」  <事実の概要>  昭和26年12月 11日、それまで事実上
  • 550 販売中 2008/02/01
  • 閲覧(2,066)
  • 判例検討-学校法人の死亡退職金の内縁の妻への帰属
  • 民法判例―学校法人の死亡退職金の内縁の妻への帰属  論点「内縁関係の対外的関係性―内縁の妻には社会保険給付受給資格 が認められるのか?」  最判昭和60年1月31日第一小法廷判決  <事実の概要>  昭和41年6月頃、大学教授であるA男とY女は事実上の婚姻関係
  • 550 販売中 2008/02/01
  • 閲覧(1,374)
  • 判例検討-長期別居中の懐胎子と嫡出推定
  • 民法判例―長期別居中の懐胎子と嫡出推定  論点「嫡出推定が働く場合には、夫からの嫡出否認の訴えがなければ、 子は生物学上の父に対し認知請求をすることができないか。」  最判昭和44年5月29日第一小法廷判決  <序論>  嫡出推定とは、民法772条の規定の「妻
  • 550 販売中 2008/02/01
  • 閲覧(1,367)
  • 捜査手続―「捜索・差押・検証」
  • 刑事訴訟法  捜査手続―捜索・差押・検証  1.定義  捜査手続きにおける「捜索」とは、一定のもの・場所及び人の体について、モノ(証拠 物)または人(被疑者や証人)の発見を目的として行われる強制処分を言う。「差押え」と は、捜索の結果、発見した物の占有を強制的
  • 550 販売中 2008/02/01
  • 閲覧(2,096)
  • 被疑者の逮捕
  • 刑事手続法  被疑者の逮捕  1.逮捕とは何か  「逮捕」とは、講学上、短時間の身柄拘束を伴う強制処分である。法令上の逮捕には、「通 常逮捕」「現行犯逮捕」「緊急逮捕」がある。「別件逮捕」や「再逮捕」という用語は、講学 上・実務上の用語で、逮捕の方法・形態を示
  • 550 販売中 2008/02/01
  • 閲覧(1,126)
  • 捜査手続―「勾留」
  • 刑事手続法  勾留  勾留とは、逮捕され送検された被疑者について、その身柄をさらに継続して拘束する理 由と必要がある場合に検察官の請求に基づき、裁判官が発する「勾留状」によって行う被 疑者の身柄拘束処分である。これは、逮捕とは別の長期の身柄拘束の処分である。期
  • 550 販売中 2008/02/01
  • 閲覧(1,057)
  • 家族法レジュメ:「離婚の成立」
  • 1 家族法  3.離婚の成立  3-1.婚姻の解消①-死亡  ・夫婦の一方の死亡→婚姻は解消し、婚姻の効果は全て消滅  ①そのまま婚姻中の氏を称するか、婚姻前の氏を称するか選択権  ②婚姻解消後も婚姻関係を存続させるか終了するかの選択権  ┗ 死亡した灰愚者側
  • 550 販売中 2008/02/01
  • 閲覧(1,358)
  • 家族法レジュメ:「子どもの措置」
  • 1 家族法  6.離婚の効果(2)-子どもの措置  6―1.親権者・看護権者の決定  6―1―1.親権者の決定  ・離婚前に出生した未成年子の場合:離婚により共同親権から単独親権へ  協議離婚:協議で、協議が調わない場合は審判で決定  判決離婚:審判で決定
  • 550 販売中 2008/02/01
  • 閲覧(776)
  • 家族法レジュメ:「財産分与」
  • 1 家族法  5.離婚の効果(1)―財産分与  5-1.財産分与の法的性質  ・財産分与の具体的内容・・・1)夫婦財産の清算  2)離婚後の扶養  3)離婚慰謝料  ・判例(最判昭和46年7月23日民集 25-5-805)  「財産分与請求権と慰謝料請求権とは
  • 550 販売中 2008/02/01
  • 閲覧(1,000)
  • 任意捜査と強制捜査の区別
  • 刑事手続法  任意捜査と強制捜査の区別  刑事訴訟法 197 条 1 項は「捜査については、その目的を達するために必要な聴取をする ことができる。但し、強制の処分は、この法律に特別の定めのある場合でなければ、これ をすることができない」と規定する。この規定の前
  • 550 販売中 2008/02/01
  • 閲覧(2,463)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?