任意捜査と強制捜査の区別

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,735
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    刑事手続法
    任意捜査と強制捜査の区別
    刑事訴訟法 197 条 1 項は「捜査については、その目的を達するために必要な聴取をする
    ことができる。但し、強制の処分は、この法律に特別の定めのある場合でなければ、これ
    をすることができない」と規定する。この規定の前段は、任意捜査(処分)を規定し、例
    外として但書で強制捜査(処分)について定めるという形式を採っており、任意処分の原
    則を表明したものであるということができる。聞き込みや証拠捜し、尾行、張り込みなど
    は 196 条の捜査上の注意点を遵守し任意に行うことができる。また、強制処分は、法律に
    定めるものに限り行うことができる強制処分法定主義が採..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。