振動現象

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,263
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート理工学振動現象機械地震

    代表キーワード

    教育学理工学地震

    資料紹介

    ”振動”というと思い浮かべるのは、地震,振り子,弦楽器,音,波,自動車,公害など周りには振動に関わる現象は多く見られます。人間も心臓は常に鼓動していますから,振動体といえます。動いているように見えないテーブルなども,原子の周りを電子がまわっている分子で構成されているわけですから,常に振動している振動体といえます。振動とはなんだろうか。機械的な”振動”とは「運動または変位を表す量の大きさが,ある平均値または基準値よりも大きい状態と小さい状態とを交互に繰り返す時間的変化」と定義されます。なんらかの往復運動を伴う動的現象が”振動”なのです。
     今実験は、振動現象がどのようなメカニズムで生じるかを簡単な実験を通して、動力学的現象に対する理解を深める。

    振動とは
      振動しているというのは物体(質量を持つ)が往復運動している状態である。往復運動の変位(振幅)が大きいブランコや振り子の動きを見ると良くわかるだろう。動きは目には見えないが手で触ると振動を感じることもできる。振動している状態で、一秒間に何回往復しているかを振動数という。
    物体が動くのは
      物体を手で押すと動き出すが、このとき「物体を押す力=物体の質量×位置を変える加速度」という釣り合いができる。物体に加速度があると時間とともに動きだし速度がでる。速度がある状態では物体はその位置を変える。この位置の変化を変位という。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    機械創造工学体験演習
    Ⅲ-9レポート
    「振動現象のメカニズム」
    緒論
    ”振動”というと思い浮かべるのは、地震,振り子,弦楽器,音,波,自動車,公害など周りには振動に関わる現象は多く見られます。人間も心臓は常に鼓動していますから,振動体といえます。動いているように見えないテーブルなども,原子の周りを電子がまわっている分子で構成されているわけですから,常に振動している振動体といえます。振動とはなんだろうか。機械的な”振動”とは「運動または変位を表す量の大きさが,ある平均値または基準値よりも大きい状態と小さい状態とを交互に繰り返す時間的変化」と定義されます。なんらかの往復運動を伴う動的現象が”振動”なのです。
     今実験は、振動現象がどのようなメカニズムで生じるかを簡単な実験を通して、動力学的現象に対する理解を深める。
    理論解析
     振動とは   振動しているというのは物体(質量を持つ)が往復運動している状態である。往復運動の変位(振幅)が大きいブランコや振り子の動きを見ると良くわかるだろう。動きは目には見えないが手で触ると振動を感じることもできる。振動している状態で、一秒間に何回往復しているか..

    コメント1件

    mikkymikan 購入
    もうすこし自分自身の意見が入るとよいと感じました。
    文章のまとまりなどはよい気がします。
    2006/07/27 13:58 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。