先端情報システム論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数277
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    50歳になったときどういう世の中でどういう生活をしているのだろう・・・と想像したとき、車や電話、冷蔵庫などとともにテレビは確実に存在している(ハイビジョン放送やデジタル放送になっているはずであるが)。しかし、たとえよりいっそうネットワークが発達しユビキュタス時代が来たとしても人間が視覚から得る情報の重要性が変わるはずないし、またインターネットのように自分から積極的に参加しなくてもテレビをつけるだけで(受身のままで)情報を得られるという特徴を持つことからもテレビは情報機器の中心として存在していると考えられる。
    記録方法に関しては、音声情報がテープからCDへと変化していったのと同様に画像を伴うテレビに関してもVHSのような磁気テープから光ディスクになると考えられる。もしくは、ものすごいスピードで技術が発展していけば半導体メモリーによるテレビ番組などの記録も考えられる。これはディスクやテープのように駆動部分がなく、またアクセス速度も高速という利点があるが、今現在容量や価格の面から音声情報の分野でもあまり普及していなく、まだまだ課題が多い。また現在主に使用されている磁気テープは信頼性や記録容量、価格などの面でテレビ放送などでの利用に適しているが、取り扱いやすさや、保存性、メディアの大きさ、今後より重要になってくるネットワークとの親和性などが光ディスクのほうが優れているため、光ディスクに取って代わられるであろう。また磁気ディスクに関しては寿命や耐衝撃性、メディアの交換にコストがかかるなどのことから、その利点をいかして磁気テープと相補的に用いられることはあっても、現在の磁気テープに取って代わるほどには普及しないと思われる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    先端物理情報システム論
    50歳になったときどういう世の中でどういう生活をしているのだろう・・・と想像したとき、車や電話、冷蔵庫などとともにテレビは確実に存在している(ハイビジョン放送やデジタル放送になっているはずであるが)。しかし、たとえよりいっそうネットワークが発達しユビキュタス時代が来たとしても人間が視覚から得る情報の重要性が変わるはずないし、またインターネットのように自分から積極的に参加しなくてもテレビをつけるだけで(受身のままで)情報を得られるという特徴を持つことからもテレビは情報機器の中心として存在していると考えられる。
    記録方法に関しては、音声情報がテープからCDへと変化していった..

    コメント1件

    shenlvu 購入
    素晴らしい
    2006/09/19 17:56 (10年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。