知能システム特別講義3

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数246
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2. なぜ、自動ブレーキの車が早く発売されないのか?
    これは機械が誤動作をおこしてしまう確率が未だ高いためである.車の運転においてブレーキというものは命にかかわる部分であるため非常に重要で,その部分を自動化した場合,機械には非常にシビアに安全性が求められる.しかし,今現在では事故を起こさずに走れるのが東京〜沼津間という程度の確率であるので,また自動ブレーキの車は発売されていない.
    3. なぜ、REMOTE SENSINGは、確実な観測ができないのか
    観測を行うセンサの精度が十分ではないというのが一番の理由である.特に車では振動などもあるため,物理的にも誤差が生じやすい.そのため確実な観測が実現できていない.
    4. 人間―知能機械系の視点から人間・機械間の齟齬や誤動作などをどのように扱えばよいか?
    人間は車に自動安全装置などが導入されると,機械を信頼し安全だと思い,さぼるようになってしまい,Risk Homeostasisが問題になってくる.機械が完璧ならこれでも問題無いが,そうではないので誤動作した場合に新たな種類の事故が発生するようになる.ここで,機械が大体10回に1回程度機械が誤動作をおこすと,人間は機械を完全には信頼しなくなり緊張感を保って運転する.このように人間側の緊張感を保つよう,機械をわざと誤動作させるようなことも必要である.

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    知能システム特別講義
    なぜ、自律走行自動車の出現に時間がかかるのか?
      これは,REMOTE SENSINGを行うセンサーの精度が不十分で正確な観測ができないことや,車を運転する場合での様々な状況判断をコンピューターが早く的確にすることができないためである.
    なぜ、自動ブレーキの車が早く発売されないのか?
    これは機械が誤動作をおこしてしまう確率が未だ高いためである.車の運転においてブレーキというものは命にかかわる部分であるため非常に重要で,その部分を自動化した場合,機械には非常にシビアに安全性が求められる.しかし,今現在では事故を起こさずに走れるのが東京~沼津間という程度の確率であるので,ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。