酢酸ビニルの懸濁重合

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数4,494
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    酢酸ビニルの懸濁重合を行い,反応過程を理解するとともに,IR測定を行う.

       *懸濁重合…モノマーを油滴として水相の中に分散させ,油滴の中で塊状重合を行わせ,重合熱を水で吸収する方法.重合開始剤としては,モノマーに可溶性のものを使う.不純物の少ないパールのような重合体が得られる.
    酢酸ビニルの重合には発熱を伴うが,小さい粒子だと発熱が少ない.そこで,今回の実験では塊状重合ではなく懸濁重合を行った.
       
       *酢酸ビニル(VAc)…甘いエステルの臭気がある無色の液体で、酢酸ビニル樹脂の合成原料となる。過酸化物、熱、光などにより重合し、ポリ酢酸ビニルとなる。
                 (分子量86.09,融点‐93.2℃,沸点72.3℃)

       *ポリ酢酸ビニル(PVAc)…無色透明,無味無臭の熱可塑性樹脂.ケトン,エステル,アルコール類によく溶ける.溶媒によく溶けるので,塗料,接着剤として広く用いられている.

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    酢酸ビニルの懸濁重合
              
    1.目的
       酢酸ビニルの懸濁重合を行い,反応過程を理解するとともに,IR測定を行う.
       *懸濁重合…モノマーを油滴として水相の中に分散させ,油滴の中で塊状重合を行わせ,重合熱を水で吸収する方法.重合開始剤としては,モノマーに可溶性のものを使う.不純物の少ないパールのような重合体が得られる.
    酢酸ビニルの重合には発熱を伴うが,小さい粒子だと発熱が少ない.そこで,今回の実験では塊状重合ではなく懸濁重合を行った.
       
       *酢酸ビニル(VAc)…甘いエステルの臭気がある無色の液体で、酢酸ビニル樹脂の合成原料となる。過酸化物、熱、光などにより重合し、ポリ酢酸ビニルとなる。
                 (分子量86.09,融点‐93.2℃,沸点72.3℃)
       *ポリ酢酸ビニル(PVAc)…無色透明,無味無臭の熱可塑性樹脂.ケトン,エステル,アルコール類によく溶ける.溶媒によく溶けるので,塗料,接着剤として広く用いられている.
    2.実験
     2.1〈試料〉酢酸ビニル 21.5mL(20.0g)         2.3〈装置〉
           ..

    コメント7件

    arukemi410 購入
    懸濁重合についてわかりやすく解説されており、実験過程と併せてよく理解できた。
    2005/10/26 18:48 (11年1ヶ月前)

    omaru1515 購入
    懸濁重合の基礎実験に関して、よくまとまっていた。実験過程と実験結果が、わかりやすくまとまっていた。
    2005/12/18 16:18 (11年前)

    shu8091 購入
    わかりやすく、実験過程の理解に役立ちました。
    2005/12/27 16:57 (11年前)

    fluence121 購入
    わかりやすかったです。
    2006/05/07 0:23 (10年7ヶ月前)

    7night 購入
    懸濁重合の実験をよく理解できました。
    2006/06/16 6:11 (10年5ヶ月前)

    wdstr1985 購入
    参考になりました。
    2006/10/02 0:50 (10年2ヶ月前)

    nmiyamo712 購入
    参考資料としては、役立ちました。
    2007/02/14 8:42 (9年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。