微生物試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数675
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    一般細菌試験及び大腸菌群試験を行い,水が細菌学的に汚染されているかを調べ,その測定法について考察する.

    定量操作  ?一般細菌試験
    (1) メスピペットで試料1mLを無菌的にシャーレに加えた.
    (2) 保温した標準寒天培地を10〜15mLずつ無菌的にシャーレに加えた.
    (3) 寒天が固まらないうちに培地を混和し,放冷した.
    (4) 培地が固まったらシャーレを逆さにしてふ卵器に納め,35〜37℃で22〜26時間培養した.
    (5) コロニー数をカウントし,適切な結果を平均した.
             ?大腸菌群試験
    (1) メスピペットで試料1mLを無菌的にシャーレに加えた.
    (2)保温したデスオキシコール酸塩培地を10〜15mLずつ無菌的にシャーレに加えた.
    (3)寒天が固まらないうちに培地を混和し,放冷した.
              (4) 培地が固まったら,さらにデスオキシコール酸塩培地を加えて重層し,放冷した.培地が固まったらシャーレを逆さにしてふ卵器に納め,35〜37℃で18〜20時間培養した.
            (5) コロニー数をカウントし,適切な結果を平均した.

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    微生物試験
    1.目的
       一般細菌試験及び大腸菌群試験を行い,水が細菌学的に汚染されているかを調べ,その測定法について考察する.
    2.方法
      2.1〈試料〉中庭水,水道水(東京都,茨城県,千葉県),下水処理水,神田川水,食堂の飲料水,
    3日前のお茶
        2.2〈器具・装置〉メスピペット,大・小試験管,シリコ栓,滅菌済みシャーレ,オートクレーブ,インキュベーター,保温槽など(器具はすべて滅菌した.)
    2.3〈方法〉
    培地の調製 ①一般細菌用培地
           標準寒天培地3.525gを蒸留水150mLに加温溶解させた.これを大試験管に分注し,シリコ栓をした後,オートクレーブにより121℃で20分間高圧滅菌した.滅菌後は50℃に保温した.
           ②大腸菌群培地
            デスオキシコール酸塩培地11.25gを蒸留水250mLに加温溶解させた.これを大試験管に分注し,シリコ栓をして50℃に保温した.
    定量操作  ①一般細菌試験
    メスピペットで試料1mLを無菌的にシャーレに加えた.
    保温した標準寒天培地を10~15mLずつ無菌的にシャーレに加えた.
    寒天が固まらないうちに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。