スプライン補間(Spline Interpolation)データ解析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数952
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    補間後の標本数を変え,サンプリング周波数の異なるデータを作り解析した.サンプリング周波数が3Hzの場合は補間後のデータ数が少なく,1Hzまでしかスペクトル解析を行えなかった.そこで,サンプリング周波数5Hz,10Hzの場合のスペクトル解析結果を下記に示す.

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    スプライン補間(Spline Interpolation)
    補間後の標本数を変え,サンプリング周波数の異なるデータを作り解析した.サンプリング周波数が3Hzの場合は補間後のデータ数が少なく,1Hzまでしかスペクトル解析を行えなかった.そこで,サンプリング周波数5Hz,10Hzの場合のスペクトル解析結果を下記に示す.
    〈解析データ〉サンプリング周波数 3 Hz,5 Hz,10Hz
    〈条件〉Cubic 1stDeriv  AR SVDFwd order40 subspace4
    サンプリング周波数10Hz サンプリング周波数5Hz
    Cubic subspace8 Cubic subspace14

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。