スプライン関数

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,010
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    スプライン関数

    全区間を細分割した各区間内で同じ次数をもった多項式が,その区間の両端で関数およびその導関数が連続となるように接続した区分的多項式のこと.
    実軸上の区間 において

    となる標本点(Sample Point)xi(i=0,1,...,N)があり,これらの標本点に対して関数値yi(i=0,1,...,N)が与えられているとする.このとき,
      
    を満足するスプライン関数S(x)を求め,この関数によって,標本点内部の関数値を求めることをスプライン補間(Spline interpolation)と呼ぶ.スプライン関数はいくつかの表現方法があるため,スプライン補間もいくつかの方法がある.

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    スプライン関数
    スプライン関数
    全区間を細分割した各区間内で同じ次数をもった多項式が,その区間の両端で関数およびその導関数が連続となるように接続した区分的多項式のこと.
    実軸上の区間 において
    となる標本点(Sample Point)xi(i=0,1,...,N)があり,これらの標本点に対して関数値yi(i=0,1,...,N)が与えられているとする.このとき,
      
    を満足するスプライン関数S(x)を求め,この関数によって,標本点内部の関数値を求めることをスプライン補間(Spline interpolation)と呼ぶ.スプライン関数はいくつかの表現方法があるため,スプライン補間もいくつ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。