エクステンシブル・マークアップ・ランゲージについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数334
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    エクステンシブル・マークアップ・ランゲージ(略したXML)は、XML文書と呼ばれるデータ対象のクラスについて記述し、それらを処理する計算機プログラムの振る舞いについて部分的に記述します。
    XMLはアプリケーション・プロファイルか、あるいはSGML、標準一般化マークアップ言語[ISO 8879]の形式を制限しました。
    構造によって、XML文書はSGML文書を一致させています。

    XML文書は実体と呼ばれる記憶装置から構成されます。それは解析されたデータあるいは解析されなかったデータを含んでいます。
    解析されたデータは、文字から構成されます。それらのうちのいくらかは文字データを形成します。また、それらのうちのいくらかがmarkupを形成する。
    Markupは、文書の記憶レイアウトおよび論理構造の記述をコード化します。
    XMLは、記憶レイアウトおよび論理構造に制限を課するためにメカニズムを提供します。

    [定義:XMLプロセッサと呼ばれるソフトウェア・モジュールは、XML文書を読み、かつそれらの内容と構造へのアクセスを提供するために使用される]。[定義:XMLプロセッサがアプリケーションと呼ばれる別のモジュールを代表してその仕事を行っていると仮定されている]。
    この仕様は、それがどのようにXMLデータを読むに違いないかでのXMLプロセッサの必要な振る舞い、およびそれがアプリケーションに供給するに違いない情報について記述します。

    1.1 起源およびゴール
    XMLは、1996年に、World Wide Web Consortium(W3C)の後援により形成された、XML作業グループ(もとはSGMLの編集の調査ボードとして知られている)によって開発されていました。
    それは、W3Cによって組織されたXML特別利益団体グループ(以前にSGML作業グループとして知られている)の稼動中の参加を持ったサン・マイクロシステムズのジョンBosakによって椅子につかせられました。
    XML作業グループの会員資格は付録中で与えられます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エクステンシブル・マークアップ・ランゲージについて
    エクステンシブル・マークアップ・ランゲージ(略したXML)は、XML文書と呼ばれるデータ対象のクラスについて記述し、それらを処理する計算機プログラムの振る舞いについて部分的に記述します。
    XMLはアプリケーション・プロファイルか、あるいはSGML、標準一般化マークアップ言語[ISO 8879]の形式を制限しました。
    構造によって、XML文書はSGML文書を一致させています。
    XML文書は実体と呼ばれる記憶装置から構成されます。それは解析されたデータあるいは解析されなかったデータを含んでいます。
    解析されたデータは、文字から構成されます。それらのうちのいくらかは文字データを形成します。また、それらのうちのいくらかがmarkupを形成する。
    Markupは、文書の記憶レイアウトおよび論理構造の記述をコード化します。
    XMLは、記憶レイアウトおよび論理構造に制限を課するためにメカニズムを提供します。
    [定義:XMLプロセッサと呼ばれるソフトウェア・モジュールは、XML文書を読み、かつそれらの内容と構造へのアクセスを提供するために使用される]..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。