群馬県におけるカーシェアリング制度及び環境税制度導入の検討

会員3,240円 | 非会員3,888円
ダウンロード カートに入れる
ページ数29
閲覧数417
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    カーシェアリング制度

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    群馬県におけるカーシェアリング制度及び環境税制度導入の検討
    ~自動車依存型社会から環境配慮型社会へ
    目次
    はじめに
    第一章:世界・日本からみた地球温暖化問題と二酸化炭素
    第二章:群馬県の二酸化炭素の排出状況の特徴と自動車依存型社会
    第三章:自動車依存型社会の原因を探る
    第四章:環境配慮型社会への移行に際しての重要な観点
    第五章:カーシェアリング制度について
    第六章:環境税制度について
    第七章:課題
    おわりに
    はじめに
     工業革命以降、科学技術の進歩により、私たち人間社会の生活に物的豊かさをもたらした一方で、その対価として、人類史上で類の見ない環境破壊をもたらし、地球環境を過去ののどの時代よりも悪化させてしまった。そのままでは、人類の生存条件が失われかねない深刻な破局現象が発生する可能性が極めて大きいという、深刻な危機感に迫られている。
    そのような認識の下で、環境を破壊してきた歴史への反省として、これ以上地球環境を悪化させずに、また、すでに破壊された環境はできるだけ修復し、持続可能な社会を取り戻すことと、これまでの環境破壊型の経済発展モデル・ライフスタイルに変わる環境に負荷の少ない新しい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。