環境問題 群馬県の二酸化炭素排出削減を考える(ppt)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数19
閲覧数553
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境問題  群馬県の二酸化炭素排出削減 を考える
    ~某大生の通学手段調査から~
    index
    研究目的
    温室効果ガス : CO2の排出状況
    群馬のCO2排出における特徴およびその原因
    某大生の通学手段と温暖化に関する調査
    通学手段
    通学手段に対する意識
    交通政策に対するニーズ
    まとめ
    研究目的: 車社会群馬においてCO2削減を考える
    6%の削減義務(京都議定書による)
    温室効果ガスのほとんどがCO2
     1)CO2 の2割⇒運輸部門
     2)運輸部門の5割⇒自家用乗用車
    私たちの地域、群馬が車社会である
    そのため、今回は地球温暖化と自動車の関係に注目して、自動車から公共交通への移行によるCO2の排出量削減の可能性を研究した。
    温室効果ガスとしてのCO2
    百万tCO2換算
    CO2情報1
    温室効果ガスのほとんどはCO2が占めており、なおかつ排出量が増え続けている
    出典:日本国温室効果ガスインベントリ報告書
    世界における日本のCO2排出/2005
    その中、日本はどれくらい排出しているの?
    CO2情報2
    日本:世界ランキング   3位
    世界のCO2排出量 251億トン /2005年
    日本国内に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。