日本の障害者福祉施策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,433
ダウンロード数57
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    障害者は、心身に機能障害を持つが故に日常生活の各場面で、ハンディキャップを負う人が少なくない。こうした人々には、可能な限りハンディキャップを除去し、家庭や地域社会での生活を容易にする条件を整備していく必要性がある。この必要性に対して、障害者福祉対策として、各種の法律等が制定され実施されている。障害者の福祉施策は、障害の早期発見や治療、早期療育、指導など損傷や能力不全を改善する為の医療、福祉、教育のサービス、日々の生活を支える家事援助、介護サービス、経済的自立の基礎となる就労対策、障害年金や特別障害者手当などの経済保障、各種の施設整備に分けられている。
     また、広範な取り組みが求められている障害者施策は、4体系に整理する事が出来る。第一は、精神、身体並びに感覚の損傷の発生を防ぐ為の「予防」施策である。第二は、障害を持つ人々の可能性を生かし自立生活力、社会生活力を回復、向上させる為の「リハビリテ―ション」施策である。第三はノーマライゼーション理念に基づく、障害者の参加と平等を可能とする為の「機会の均等化」施策である。第4は、「予防」「リハビリテーション」「機会の均等化」の施策や努力を一人ひとりの障害者が平等、かつ効果的に生かし得るように支援、補完し、重度、重複障害者を含むすべての障害者の人間らしい生活を実現する為の「福祉施策」である。
     歴史的にみると、日本の障害者福祉施策は障害の種類別に整備されてきた。戦後、障害者で援護を要する人々は、「生活困窮者」として生活保護の対象とされていた。1947年、「児童福祉法」が18歳未満の身体障害児を、1949年に「身体障害者福祉法」が18歳以上の身体障害者を対象として、まず、身体障害者福祉制度が実現したのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     障害者は、心身に機能障害を持つが故に日常生活の各場面で、ハンディキャップを負う人が少なくない。こうした人々には、可能な限りハンディキャップを除去し、家庭や地域社会での生活を容易にする条件を整備していく必要性がある。この必要性に対して、障害者福祉対策として、各種の法律等が制定され実施されている。障害者の福祉施策は、障害の早期発見や治療、早期療育、指導など損傷や能力不全を改善する為の医療、福祉、教育のサービス、日々の生活を支える家事援助、介護サービス、経済的自立の基礎となる就労対策、障害年金や特別障害者手当などの経済保障、各種の施設整備に分けられている。
     また、広範な取り組みが求められている障..

    コメント8件

    satoshi1127 購入
    よかった
    2005/12/15 15:52 (11年前)

    horizon75 購入
    役立ちました。
    2005/12/31 1:00 (11年前)

    yuiyui 購入
    参考になりました
    2006/03/07 12:15 (10年9ヶ月前)

    koki515 購入
    わかりやすかった
    2006/04/01 22:31 (10年8ヶ月前)

    strawberry6 購入
    よくまとめられていたのでとても参考になった。
    2006/07/27 17:02 (10年4ヶ月前)

    yasu2006 購入
    ありがとうございました
    2007/01/10 8:09 (9年11ヶ月前)

    maniacker 購入
    ありがとうございました。
    2007/03/29 23:25 (9年8ヶ月前)

    satoshi0606 購入
    わかりやすかった。
    2007/08/03 1:05 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。