GPIDによる自動測定システム構築について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,196
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.GPIDによる自動測定システム構\築について
    測定事象が複雑になるにつれ、電圧計や電流計の値を目で読み、ノートに記録することは困難となる。以下のような場合において、データを自動的にパソ\コンに記録する自動計測方法が用いられる。
    ・RC回路の過渡現象、トランジスタのスイッチング特性など短い時間に起きる現象
    ・太陽発電の発電量、抵抗の温度依存性など観時長い時間測定し続ける必要のある現象
    ・物質の熱伝導の測定など、測定データが大量に存在する現象
    ・工場の製品の検査など、同じ測定を何度も行う場合
    現在一般的に利用されている自動計測方法には、RS232Cによる方法とGPIBによる方法がある。..........
    プログラム
    Dim V As Double '変数V の定義
    Private Sub Command1_Click() '[測定開始]をクリックして実行される内容
    Gpihost.DeviceAddress = 3
    Gpihost.Send 0, "output on"
    Timer1.Interval = 1000
    V = 0#
    End Sub
    Private Sub Form_Load() 'システムの初期化、結果出力するファイルの指定
    Gpihost.MyAddress = 20
    Gpihost.Open 0
    If Gpihost.Result <> 0 Then
    MsgBox "初期化に失敗しました", , "gpiHost.Open"
    Unload Me
    End If
    Gpihost.TransferTimeOut = 100
    Gpihost.RecvDelimiter = 7
    Gpihost.SendDelimiter = 7
    Gpihost.DeviceAddress = 1
    Call setting
    Gpihost.DeviceAddress = 3
    Call setting
    Open App.Path & "\yumi.csv" For Output As #1
    End Sub
    Private Sub setting() 'システムの初期化
    Gpihost.SetIfc 0
    If Gpihost.Result <> 0 Then
    MsgBox "IFC 送出に失敗しました", , "gpiHost.SetIfc"
    Unload Me
    End If
    Gpihost.SetRen 0
    If Gpihost.Result <> 0 Then
    MsgBox "REN 設定に失敗しました", , "gpiHost.SetRen".......

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    - 1 -
    概要
    1.GPIDによる自動測定システム構築について
    測定事象が複雑になるにつれ、電圧計や電流計の値を目で読み、ノートに記録することは困難
    となる。以下のような場合において、データを自動的にパソコンに記録する自動計測方法が用
    いられる。
    ・ 回路の過渡現象、トランジスタのスイッチング特性など短い時間に起きる現象 RC
    ・太陽発電の発電量、抵抗の温度依存性など観時長い時間測定し続ける必要のある現象
    ・物質の熱伝導の測定など、測定データが大量に存在する現象
    ・工場の製品の検査など、同じ測定を何度も行う場合
    、 。 現在一般的に利用されている自動計測方法には による方法と による方法がある RS232C GPIB
    2.RS232Cによる自動計測方法
    パソコンのシリアルポートと、計測器の と呼ばれる ピンの端子をシリアルケーブル RS232C 9
    で接続し、計測器の制御を行う。この手法は、パソコンに標準装備されている機能で実施でき
    るため低価格で行えるが、通信速度が遅いため、高度で複雑なシステムには適当でない。
    3.GPIBによる制御方法
    GPIB GPIB GPIB パソコンの拡..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。