価値判断論争の是非

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数659
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    政策が目的と手段の関係についての政策的判断は,原因と結果との関係について一種の法則的認識の下で行われる。その意味では経済学が実践的学問であることが認められる。しかしながら、その経済学が目標設定自体にどれだけの科学的根拠を与えうるかに大きく依存するといわざるをえない。一般的に社会科学においては,科学的認識と価値判断との関係は,避けて通れない難問の一つである。
    これに関して、ドイツにて社会政策学会の筆頭となるグスタフ・フォン・シュモラーらは、当時、労働者階級の社会状態などの社会問題を解決するため、様々な政策の提言を行った。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    政策が目的と手段の関係についての政策的判断は,原因と結果との関係について一種の法則的認識の下で行われる。その意味では経済学が実践的学問であることが認められる。しかしながら、その経済学が目標設定自体にどれだけの科学的根拠を与えうるかに大きく依存するといわざるをえない。一般的に社会科学においては,科学的認識と価値判断との関係は,避けて通れない難問の一つである。
    これに関して、ドイツにて社会政策学会の筆頭となるグスタフ・フォン・シュモラーらは、当時、労働者階級の社会状態などの社会問題を解決するため、様々な政策の提言を行った。このことからシュモラーは経済学を経験科学と位置づけ、また彼らにとっての学問と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。