アメリカ大統領制について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,428
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     1787年に設置された大統領府はイギリスの君主体勢と王領植民地、或いは領主植民地の総督職を合衆国の協和政治体制に適合させたものである。合衆国大統領の権力はイギリス国王の権力、もしくはイギリス国王の名の下に行使されるそれに似ていた。しかし、大統領権力は抑制と均衡によって制約されていた。
     そもそもアメリカ大統領は合衆国憲法第1条2項の規定により、4年に一度、国民の投票によって選出される。国民は大統領候補を直接選んで投票するのではなく、選挙人団と呼ばれる人を各州及びワシントンDCが選出し、その選挙人段が大統領候補へ投票を行うことになる。これは議会による選出と、直接選挙による選出の折衷案であるといわれている。また大統領に立候補する者は単独で立候補するのではなく、副大統領立候補者とペアで立候補する。選挙人は特定の大統領候補への支持を表明しているので、各有権者は支持する大統領候補によってどの選挙人に投票するかを決めることができる。各州から選出される選挙人の数は、その州の上院と下院の議員数に等しい人数と決まっている。多くの州で、選挙人団は最も人気のあった大統領、副大統領候補ペアへの投票を行う人々から構成される。この制度では人口の少ない州に住む有権者の一票は、人口の多い州の有権者の一票よりもやや大きな影響力を持つことになる。かといって、直接選挙を行った場合には、人口の多い都市に選挙活動が集中し、政策もその地域の有権者の意見を反映するものが選ばれることになり、人口密度の低い地域の有権者には不利になることが予想される。こうした理由があるために現在のような制度が維持されているのであろう。また有権者の投票数の比が直接反映される制度ではないため、有権者の投票数ベースで見ると人気の高い候補者が選挙人団を介した選挙では選出されないことになる可能性も否定できない。こうして選ばれる合衆国大統領の権限は以下の通りである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <アメリカ大統領制について>
    1787年に設置された大統領府はイギリスの君主体勢と王領植民地、或いは領主植民地の総督職を合衆国の協和政治体制に適合させたものである。合衆国大統領の権力はイギリス国王の権力、もしくはイギリス国王の名の下に行使されるそれに似ていた。しかし、大統領権力は抑制と均衡によって制約されていた。
    そもそもアメリカ大統領は合衆国憲法第1条2項の規定により、4年に一度、国民の投票によって選出される。国民は大統領候補を直接選んで投票するのではなく、選挙人団と呼ばれる人を各州及びワシントンDCが選出し、その選挙人段が大統領候補へ投票を行うことになる。これは議会による選出と、直接選挙による選出の折衷案であるといわれている。また大統領に立候補する者は単独で立候補するのではなく、副大統領立候補者とペアで立候補する。選挙人は特定の大統領候補への支持を表明しているので、各有権者は支持する大統領候補によってどの選挙人に投票するかを決めることができる。各州から選出される選挙人の数は、その州の上院と下院の議員数に等しい人数と決まっている。多くの州で、選挙人団は最も人気のあった大統領、副大統領..

    コメント1件

    3 購入
    もう少し詳細に
    2006/07/29 15:05 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。