観光と交通

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,048
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    キーワード:規制緩和、ダブル・トラック、国鉄民営化、インターシティ輸送、一種空港
    1.観光と交通の関係
     観光基本法第2種第8条
    「国は、国際観光地及び国際観光ルートの総合的形成を図るため、外国人観光旅客の観光地及びその観光地間を連結する経路につき、空港、港湾、鉄道、道路、駐車場、旅客船その他の観光の基盤となる施設(以下「観光基盤施設」という。)及び外国人観光旅客の利用に適する旅行関係施設の総合的整備等に必要な施策を講ずるものとする」。
     WTOの観光客の概念
     『観光百書』の観光基盤施設の概念
    交通論≑交通経済学、旅客交通論≑観光交通論
    交通経済論の分析対象:需要・供給論、市場構造論、価格論、投資政策論等
    2.観光交通市場
    (1)観光交通サービスの特徴
     ?派生需要 ?非貯蔵性 ?自家生産 ?公益的事業(代替手段は存在する)?輸送サービスとインフラ・サービスの結合
    (2)観光交通市場の構造と価格形成
    ・需要の価格弾力性:価格(運賃)の1%の増加は、観光需要の場合、通勤通学需要よりは、需要の変化率(%)に大きな影響を与える。
    ・原価主義:ピーク時、閑散時、いずれも価格は同じ
    ・イールド(実収単価)・マネジメント(yield management/歩留まり管理)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第5章 観光と交通
    キーワード:規制緩和、ダブル・トラック、国鉄民営化、インターシティ輸送、一種空港
    観光と交通の関係
     観光基本法第2種第8条
    「国は、国際観光地及び国際観光ルートの総合的形成を図るため、外国人観光旅客の観光地及びその観光地間を連結する経路につき、空港、港湾、鉄道、道路、駐車場、旅客船その他の観光の基盤となる施設(以下「観光基盤施設」という。)及び外国人観光旅客の利用に適する旅行関係施設の総合的整備等に必要な施策を講ずるものとする」。
     WTOの観光客の概念
     『観光百書』の観光基盤施設の概念
    交通論≑交通経済学、旅客交通論≑観光交通論
    交通経済論の分析対象:需要・供給論、市..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。