『折詰め弁当型―詰める』の要約

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数916
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    著者は本文、『折詰め弁当型―詰める』で日本人の縮み志向を大きく六つに分けて書いている。
    『食膳を縮める』ではその種類が千八百種にものぼっているお弁当を日本の縮みの文化を代表する食物として挙げている。弁当とは食膳をもっと小さい箱の形に縮めたもので食物をコンパクトにし、手で持って運ぼうとしたニーズに応えて誕生した物であると表現している。『日本の食物と韓国の食物』では、同じお米を主食としている日本と韓国であるが、韓国にはないお弁当文化が日本で盛んになった原因が日本の食物の形がコンパクトに詰めることができる「塊」になっているからであると説明している。
    『詰まらないものはつまらないもの』では食物だけでなく扇、入龍、姉様人形のようにあらゆる物を折り畳んだり、入れ込んだり、手足を取って単純化しようとする日本人の「詰める志向」を書いている。また、この「詰める」は精神的な面にも同じように作用し、箱に詰まらないものを好まないのと同じく集団の中で詰められないと村八分のようになるという自由民主主義なのに自由民主主義とは全く違う日本人の精神側面を指摘している。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『折詰め弁当型―詰める』の要約
    著者は本文、『折詰め弁当型―詰める』で日本人の縮み志向を大きく六つに分けて書いている。
    『食膳を縮める』ではその種類が千八百種にものぼっているお弁当を日本の縮みの文化を代表する食物として挙げている。弁当とは食膳をもっと小さい箱の形に縮めたもので食物をコンパクトにし、手で持って運ぼうとしたニーズに応えて誕生した物であると表現している。『日本の食物と韓国の食物』では、同じお米を主食としている日本と韓国であるが、韓国にはないお弁当文化が日本で盛んになった原因が日本の食物の形がコンパクトに詰めることができる「塊」になっているからであると説明している。
    『詰まらないものは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。