国民の司法参加

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数491
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     裁判官は、社会的、人間的要素を持ってはいるが、憲法上地位の保障を受け、行政系統の権力により干渉を受けることがないことをかんがみると、一般市民とは思想的に分離しているという。また、一般市民の社会的経験的見地からみると「学校から官庁へ」と単純で容易な順調な生活を営んでるに過ぎない裁判官より人間的妥当性があり判断力がある。そこで、刑事裁判について社会人として陪審員をすることで、直接裁判に社会的意見を述べることにより国家の裁判を社会化させる必要がある。したがって、陪審制度については賛成である。しかし、デモクラシーを追求するため、人民全てのために自由と平等を確保しようとして少数の人々に委ね、かえって適法に平和に他の人々を圧迫する機関となっている議会と同様に、陪審制度も公平な裁判を追求するあまり、少数の陪審員に裁判を委ねて他の人々の人権を圧迫するおそれがある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     裁判官は、社会的、人間的要素を持ってはいるが、憲法上地位の保障を受け、行政系統の権力により干渉を受けることがないことをかんがみると、一般市民とは思想的に分離しているという。また、一般市民の社会的経験的見地からみると「学校から官庁へ」と単純で容易な順調な生活を営んでるに過ぎない裁判官より人間的妥当性があり判断力がある。そこで、刑事裁判について社会人として陪審員をすることで、直接裁判に社会的意見を述べることにより国家の裁判を社会化させる必要がある。したがって、陪審制度については賛成である。しかし、デモクラシーを追求するため、人民全てのために自由と平等を確保しようとして少数の人々に委ね、かえって適..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。