blueさん累積訪問者(62,878名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:29件

  • 外国人労働者
  • 外国人労働者問題  少子高齢化が進み、今後の我が国の社会保障制度を支えていくために、もちろんフリーターや高齢者の雇用の幅を広げることも一つの解決策であろう。しかし、現実的にフリーターや高齢者では足りず、外国からの労働者に頼ることが予想される。これに伴って、外
  • 550 販売中 2006/11/30
  • 閲覧(2,201)
  • 女性の幸せについて
  • 2003年に出版された酒井順子著負け犬の遠吠えが論争のきっかけとなった。その本に置いて、「未婚、子なし三十才以上」の女性を負け犬の定義とし、独身キャリア女性と専業主婦の対立の構図へと発展していった。この対立の背景には「結婚=女性の幸せ」という日本社会に根強く残..
  • 550 販売中 2006/11/10
  • 閲覧(1,006)
  • 文献調査の方法
  • 1.総説 国内法に関する文献の存在及び所在に関する調査、並びに文献の引用の方法について述べている。本を分類、整理するのに、日本十進分類法(NDC Nippon Decimal Classification)という10ずつ分類されている方法を採用している図書館
  • 550 販売中 2006/11/10
  • 閲覧(3,048)
  • 国民の司法参加
  • 裁判官は、社会的、人間的要素を持ってはいるが、憲法上地位の保障を受け、行政系統の権力により干渉を受けることがないことをかんがみると、一般市民とは思想的に分離しているという。また、一般市民の社会的経験的見地からみると「学校から官庁へ」と単純で容易な順調な生活を
  • 550 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(1,191)
  • ヤマアラシのジレンマ
  • (問題文) ある冬の日、寒さに凍えた二匹のヤマアラシがお互いに暖め合っていた。ところが彼らは、自分たちのトゲでお互いを刺してしまうことに気付いた。そこで彼らは、離れてみたが今度は寒くなってしまった。 ・・・・・これこそがヤマアラシのジレンマである。
  • 550 販売中 2006/01/22
  • 閲覧(2,793)
  • 民法を体系的に述べることについての意見
  • まず、日本・ドイツとフランスの契約の成立の仕方について述べる。  日本・ドイツにおいて契約とは、申し込みと承諾が合致すると成立する。民法95条により意思主義を採る。意思主義といっても意思表示の合致である。契約の内容など内心の意思は裁判所によって審議される。
  • 550 販売中 2006/01/11
  • 閲覧(1,042)
  • 監視カメラの設置について
  • 現在、日本では、過去と比較して、欧米諸国並みの犯罪が増加してきている。例えば、子供による本屋の万引きや子供の誘拐である。そこで、このような犯罪を防ぐために登場してきて、至るところに設置してあるのが、監視カメラである。  監視カメラの登場により、どんな良い影
  • 550 販売中 2005/12/20
  • 閲覧(949)
  • 映画の上映に対する公的規制の是非
  • 私は、映画上映に対する公的規制を行う必要があるあとする立場に立つ。  公的規制の具体例として、現在映画の中には、18才以下は見てはいけないなどと禁止しているものがある。  なぜ公的規制の必要がある立場に立つかというと、公的規制を行うことにより、社会の秩序
  • 550 販売中 2005/12/12
  • 閲覧(782)
  • 日本人の集団主義
  • 日本集団主義について特徴について二つの点を述べたいと思う。  まず、日本人は集団の中で自分以外のメンバーと同じように行動することで、個人の自律性を欠き他人に同調しすぎている。言い換えると、自分を押し殺しているといえるだろう。学校において、生徒は先生の言った
  • 550 販売中 2005/11/28
  • 閲覧(10,204)
  • 商法
  • 取締役の従業員引抜行為が会社に対する善管注意義務違反とされた事例 東京高裁平成16年6月24日判時1875号139頁 1.事案の概要  X会社は、電子制御機器、電子計算機等の開発お酔い売買等を行う会社であるが、昭和59年三月以降Y1会社の代表取締役社
  • 1,650 販売中 2005/11/28
  • 閲覧(880)
  • 外形標準課税
  • (問)仮にある地方自治体で景気低迷により既存の税金では税収の増加が見込めず、国からの交付金や補助金も期待できない。しかし、住民からの福祉や教育を充実にしてほしいとの要望がある。そこで地方財政を確保するために、資産規模や従業員数といった外形的な基準に基づき一律に..
  • 550 販売中 2005/11/12
  • 閲覧(732)
  • 子供の為の学童施設の必要か否かについて
  • 私は、学童保育施設の拡充を支持する。なぜなら、このような施設ができることで働く母親に住み良い場所となるからです。この主張に関していくつかの根拠を述べることにします。まず、現代になって雇用機会均等法も適用され徐々に女性も社会での活躍の場が増えつつある。そのことに..
  • 550 販売中 2005/11/11
  • 閲覧(705)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?