監視カメラの設置について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数522
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     現在、日本では、過去と比較して、欧米諸国並みの犯罪が増加してきている。例えば、子供による本屋の万引きや子供の誘拐である。そこで、このような犯罪を防ぐために登場してきて、至るところに設置してあるのが、監視カメラである。
     監視カメラの登場により、どんな良い影響をもたらすようになったか考えてみると、二つのことがいえる。
     まず、監視カメラがなかったときには目撃者や証拠がないと犯罪の解明が困難だったが、登場したおかげで犯罪を解決の糸口の役割をするようになった。例えば、犯人が誰かわからない場合に、監視カメラに写っていたら見つけ出すことができるようになったこと、若しくは、犯行方法においてもありのままをみることができるようになったことである。
     さらに、監視カメラがあることで犯罪をしてはいけないという抑止力を与えることも出来る。
     しかし、良い点とは逆に悪い影響もあるといえる。何かというと、犯罪捜査とかこつけて、様々な人の行動を監視することは、プライバシーの侵害さらに表現の自由を制限しているといえる。つまり、本来自由に行動できる人の行動を制限しているのでは、ないかということである。例えば、普通の人なら監視カメラがあっても普通に行動できることを、神経質な人の場合、カメラが見張っていると思うと、商品にやたら触れたら犯罪者と間違われるかと思い、行動を萎縮してしまうかもしれない。このようなことから、監視カメラを設置するには、個々の人の許可をとって行うべきである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    監視カメラの設置について当否
     現在、日本では、過去と比較して、欧米諸国並みの犯罪が増加してきている。例えば、子供による本屋の万引きや子供の誘拐である。そこで、このような犯罪を防ぐために登場してきて、至るところに設置してあるのが、監視カメラである。
     監視カメラの登場により、どんな良い影響をもたらすようになったか考えてみると、二つのことがいえる。
    まず、監視カメラがなかったときには目撃者や証拠がないと犯罪の解明が困難だったが、登場したおかげで犯罪を解決の糸口の役割をするようになった。例えば、犯人が誰かわからない場合に、監視カメラに写っていたら見つけ出すことができるようになったこと、若しくは、犯..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。