日本人の集団主義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数7,787
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     日本集団主義について特徴について二つの点を述べたいと思う。
     まず、日本人は集団の中で自分以外のメンバーと同じように行動することで、個人の自律性を欠き他人に同調しすぎている。言い換えると、自分を押し殺しているといえるだろう。学校において、生徒は先生の言ったことをそのまま鵜呑みにしてしまうのがその典型的な例であると言える。
     次に、良い意味として、協調性という日本では良い印象の言葉からも、自らの集団や組織が存続するためには積極的に配慮できるような自律性を持っているといえる。
     以上この二つの特徴を挙げた上で問題点を述べたいと思う。
     協調性をあまりに強調しすぎることで個人の自律性を欠くため、新しい考えや行動を作り出すことができなくなるのではないかと思われる。だからといって、そのようなことができる人は世間から白い目で見られる可能性さえ考えられる。例えば、授業中先生の考え方に対して「いいえ。違います。私はこう思います。」などと自分の意見を言ったとしたららとんでもない反発にあうかもしれない。
     さらに、言えることはアメリカのような自分を主張する集団よりも個人を優先するという考え方よりも、日本の個人よりも集団を優先する考え方の方が素晴らしい風潮の様に思える。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本特有の集団主義について
     日本集団主義について特徴について二つの点を述べたいと思う。
    まず、日本人は集団の中で自分以外のメンバーと同じように行動することで、個人の自律性を欠き他人に同調しすぎている。言い換えると、自分を押し殺しているといえるだろう。学校において、生徒は先生の言ったことをそのまま鵜呑みにしてしまうのがその典型的な例であると言える。
    次に、良い意味として、協調性という日本では良い印象の言葉からも、自らの集団や組織が存続するためには積極的に配慮できるような自律性を持っているといえる。
     以上この二つの特徴を挙げた上で問題点を述べたいと思う。
    協調性をあまりに強調しすぎることで個人..

    コメント1件

    dlznxkxhak 購入
    もっと深いところまで入っていたらよかったのでは・・・
    2006/03/13 11:48 (10年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。