民法-相続と登記/遺産分割と登記

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数441
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    相続と登記について共同相続登記について考える。事案としてXは九分の二しか相続分がなく残りの九分の七はほかの家族のものだったのに書類を偽造し単独相続にして第三者に売ってしまった。このことついてほかの家族は登記無くして第三者に権利を主張できるのかである。
     判例は登記なくして主張できてXは九分の七については無権利なので第三者は保護されない。つまり登記には公信力はないのである。
    <中略>
    遺産分割と登記
    遺産分割を行って相続して登記をしない相続人とこの不動産について相続しない相続人がいて相続する相続人の債権者が差し押さえてしまったので残りの相続人が相続しない相続人に対して更正登記手続の承諾を求めたが

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    몜뫏궴뱋딯궸궰궋궲떎벏몜뫏뱋딯궸궰궋궲뛩궑귡갃럷댡궴궢궲X궼뗣빁궻볫궢궔몜뫏빁궕궶궘럄귟궻뗣빁궻렦궼귌궔궻됄뫎궻귖궻궬궯궫궻궸룕쀞귩딼몾궢뭁벲몜뫏궸궢궲묉랳롌궸봽궯궲궢귏궯궫갃궞궻궞궴궰궋궲귌궔궻됄뫎궼뱋딯뼰궘궢궲묉랳롌궸뙛뿕귩롥뮗궳궖귡궻궔궳궇귡갃
    뵽쀡궼뱋딯궶궘궢궲롥뮗궳궖궲X궼뗣빁궻렦궸궰궋궲궼뼰뙛뿕궶궻궳묉랳롌궼뺎뚯궠귢궶궋갃궰귏귟뱋딯궸궼뚺륪쀍궼궶궋궻궳궇귡갃
    둾먣궼갂볫궰땽궛귡갃
    뚺렑궻뙱뫁귩뢣럨궥귡뿧뤾궔귞궼X궼뙛뿕롌궳궇귟멣븫궻뙛뿕귩롥뮗궳궖귡갃뜧땼궴궢궲떎뾎궻뭙쀍맜궳궇귡갃괦괯괯륆궰귏귟갂떎뾎궻렃빁궴궼궩귢렔뫬뒶멣궶덇뙿궻룋뾎뙛궳궇귟갂귌궔궻뙛뿕롌궴궻듫똚궳귘귔궶궘댊뢫궶궋궢..

    コメント1件

    hana1230 購入
    できれば学説などがもっと細かく欲しかったです。
    2006/09/24 16:37 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。