マネージングダイバーシティについて説明し、論じなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数340
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    マネージングダイバーシティについて説明しなさい。(課題1)
    またその考えに基づいて自由に論じなさい。(課題2)
     Managing diversity=文化背景の異なる人々を雇用し、効果的に活用することにかかわる問題や活動の管理。(ここでは略してMDと表記する)
    MDによって組織は競争力(優位性)をつける。
    (1)MDによって次の6つの面で競争力を得ることができる。
     ?cost ?resource acquisition ?marketing ?creativity ?problem solving ?system flexibity
    ? 女性・マイノリティをうまくつかう
     コスト面で優位・競争力を持つ。(欠勤、退職の減少によりコスト削減)
    ex)産休制度→逆に休む日数少なく、妊娠中もよく働いてくれる。
     組織の施設の利用(保育所など)→仕事やめにくい、休みにくい。
     フレックス制の導入→欠勤がすごく減り、仕事の効率がすごく上がった。
    ? MDに力をいれてることが知られると→その組織に入りたがる人が増える→
    よい人材を集められる。
    ? 人々(特に女性&マイノリティ)はMDに入れてくれるところで働きたいし、そういう会社の商品を買いたいと思う。買うのをきめる文化を理解できて、それに対する戦略を考えられる社員がいる会社は競争力を得る。
    ※ さまざまな人がいればそれでよいのではなくて、それを管理(manage)しなければならない。
    ? いろんな人が混ざっているチームは創造性と革新が促進される。
    ※ いろんなメンバーがいるよさを味わうには、ほかのメンバーとの違いに気づかせる必要がある。
    ? MDにより→(問題解決、意見の決定するのにいいものをもっている)いろんな人がくる。→よりよい決定ができる。→競争力を得る。
    ? MDにより→組織の柔軟性を高める(女性&マイノリティは柔軟な頭を持っている)
    ※ 違う文化をもつ人の見方をうけいれることが、新しい考えがどんどんでる土壌を作る。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    マネージングダイバーシティについて説明しなさい。(課題1)
    またその考えに基づいて自由に論じなさい。(課題2)
    Managing diversity=文化背景の異なる人々を雇用し、効果的に活用することにかかわる問題や活動の管理。(ここでは略してMDと表記する)
    MDによって組織は競争力(優位性)をつける。
    (1)MDによって次の6つの面で競争力を得ることができる。
      ①cost ②resource acquisition ③marketing ④creativity ⑤problem solving
      ⑥system flexibity
    女性・マイノリティをうまくつかう
    コスト面で優位・競争力を持つ。(欠勤、退職の減少によりコスト削減)
    ex)産休制度→逆に休む日数少なく、妊娠中もよく働いてくれる。
      組織の施設の利用(保育所など)→仕事やめにくい、休みにくい。
      フレックス制の導入→欠勤がすごく減り、仕事の効率がすごく上がった。
    MDに力をいれてることが知られると→その組織に入りたがる人が増える→
    よい人材を集められる。
    人々(特に女性&マイノリティ)はMDに入れてくれるとこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。