殺人罪

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数564
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1 本件は、自虐的なSM趣味のあるAがXに対し強く依頼し、その依頼に応えるかたちで、XがAの用意したナイフでAを刺殺した事案である。
     本件では、Xは殺人の故意を持ってAをナイフで刺し殺している点で、Xの行為は殺人罪(199条)の構成要件に該当する。しかし、AはXに対し、自分を刺し殺して欲しいことを依頼しているため、嘱託殺人罪(202条後段)の構成要件に該当する可能性がある。
     そこで、嘱託殺人罪の成否が問題となる。
    2(同意殺人罪の減刑根拠)
     嘱託殺人罪とは、被害者の嘱託を受け殺す行為を内容とする犯罪をいう。
     嘱託殺人罪は、行為の殺人行為の一種であるにもかかわらず、普通殺人罪に比較して刑が軽く規定されている。そこで、その減軽の根拠が問題となる。
     この点、確かに、生命は個人では勝ってに処分し得ない法益なので、同意は違法性を阻却ないという説明が考えられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 本件は、自虐的なSM趣味のあるAがXに対し強く依頼し、その依頼に応えるかたちで、XがAの用意したナイフでAを刺殺した事案である。
    本件では、Xは殺人の故意を持ってAをナイフで刺し殺している点で、Xの行為は殺人罪(199条)の構成要件に該当する。しかし、AはXに対し、自分を刺し殺して欲しいことを依頼しているため、嘱託殺人罪(202条後段)の構成要件に該当する可能性がある。
    そこで、嘱託殺人罪の成否が問題となる。
    2(同意殺人罪の減刑根拠)
    嘱託殺人罪とは、被害者の嘱託を受け殺す行為を内容とする犯罪をいう。
    嘱託殺人罪は、行為の殺人行為の一種であるにもかかわらず、普通殺人罪に比較して刑が軽く規..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。