自然エネルギーを用いた未電化地域での電化システムに関する研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数330
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    具体的テーマとして、自然エネルギーを用いた未電化地域での電化システムに関する研究がしたいと考えています。
     この研究は発展途上国の電化が実現できるだけでなく、他の分野でも利益があると考えられます。例えば、発展途上国で電化システムが実現すれば、他国の工業開発力の向上を支援することができ、電化以上に現地の利益となるといった具合です。また、日本でも地震によるエネルギー供給停止の問題に対して需要がある研究だと考えられます。
    このように自然エネルギーによる発電システムが持つ多くの利益に注目し、昨年度は本校の小型風力発電システムの有効性について検討しました。ブレード停止による故障防止が可能であり、さらに実測結果から負荷を適切に選ぶことによって弱風地域でも有効活用できるだけの発電量が得られることがわかりました。これによって、小型風力発電システムの有効性を宣伝し、普及に役立てることができたと考えています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●研究希望内容を(具体的に)A4判用紙2枚程度に記入してください。
    具体的テーマとして、自然エネルギーを用いた未電化地域での電化システムに関する研究がしたいと考えています。
     この研究は発展途上国の電化が実現できるだけでなく、他の分野でも利益があると考えられます。例えば、発展途上国で電化システムが実現すれば、他国の工業開発力の向上を支援することができ、電化以上に現地の利益となるといった具合です。また、日本でも地震によるエネルギー供給停止の問題に対して需要がある研究だと考えられます。
    このように自然エネルギーによる発電システムが持つ多くの利益に注目し、昨年度は本校の小型風力発電システムの有効性に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。