幼稚園実習レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数3,206
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <小鹿幼稚園で重視している、利点を生かした保育形態>
    ?一人ひとりの子どもの成長、発達を見極めて助長する。
    ?異年齢児が自然に関われる保育環境をつくる。
    ?幼稚園と家庭とのコミュニケーションを密接にする。
    ?保育者間の相互連携を保つ。
    ?保育活動・課題により、一斉または自発活動を設定する。
    ?について
    まず、一人ひとりの子どもの成長、発達をどのように見極めているかというところだが、これは年少児21人に対し保育者3人、年中児21人に対し保育者2人、年長児35人に対し保育者2人、その他に常に園長・副園長が全体を見るという少人数保育の実施、また各クラスで保育者が役割分担をして保育にあたっていることから、隅々まで目の行き届いた保育が実現しているという印象を受けた。園児の登校は全て保護者同伴で、クラス担任に預けた後児童の様子を保護者と担任が話し、その間に子どもの朝の活動準備(出席シール等)を副担任が援助することで、それぞれが子どもの家での様子と園に着いた時の様子を把握していた。午前の自由活動では2人の保育者のうち一人が園庭ならもう一人はクラスに残り、担当の子ども全員がどこで誰とどのような遊びをしているかを把握していた。このように常に一人ひとりの動きや様子を把握することで日々の成長、発達を見極めているのだろうと思った。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『保育形態に基づいた保育の考察と感想』
    実習園:小鹿幼稚園
    期間:2004年12月1日~15日(実質10日間)
    <小鹿幼稚園で重視している、利点を生かした保育形態>
    一人ひとりの子どもの成長、発達を見極めて助長する。
    異年齢児が自然に関われる保育環境をつくる。
    幼稚園と家庭とのコミュニケーションを密接にする。
    保育者間の相互連携を保つ。
    保育活動・課題により、一斉または自発活動を設定する。
    について
    まず、一人ひとりの子どもの成長、発達をどのように見極めているかというところだが、これは年少児21人に対し保育者3人、年中児21人に対し保育者2人、年長児35人に対し保育者2人、その他に常に園長・副園長が全体を見るという少人数保育の実施、また各クラスで保育者が役割分担をして保育にあたっていることから、隅々まで目の行き届いた保育が実現しているという印象を受けた。園児の登校は全て保護者同伴で、クラス担任に預けた後児童の様子を保護者と担任が話し、その間に子どもの朝の活動準備(出席シール等)を副担任が援助することで、それぞれが子どもの家での様子と園に着いた時の様子を把握していた。午前の自由活動では2..

    コメント1件

    yukay3809 購入
    参考になりました。
    2006/07/02 22:05 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。