障害者福祉論3

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数227
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    国内外における障害者施策の動向をまとめた上で、福祉サービス供給の考え方がどのように展開してきたかを、障害者本人とその人を取り巻く環境との観点から考察し論述しなさい。また、現状で提供される障害者福祉サービスについて、その体系や特徴を具体的にまとめ、論述しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害者福祉論 
    国内外における障害者施策の動向をまとめた上で、福祉サービス供給の考え方がどのように展開してきたかを、障害者本人とその人を取り巻く環境との観点から考察し論述しなさい。また、現状で提供される障害者福祉サービスについて、その体系や特徴を具体的にまとめ、論述しなさい。
     古代ギリシアでは、障害者は山に棄てられたという。また、中世においても、街で物乞いをしたり、見せ物興業で生活をしたり、遺棄や虐待の対象とされた障害者が多くいた。
    近世になり、最小限の救済が始まったが、福祉とはほど遠いものであった。
    救貧対策の一環としてではない障害者対策が現れたのは、第一次世界対戦中であった。国のために戦い傷ついた多くの戦傷軍人に、治療・機能回復訓練・職業訓練をすることで、社会復帰のための手段を提供することが社会的な課題となり、障害者に対するサービスが独立した障害者施策として実施されるようになった。アメリカでは、1918年戦傷軍人リハビリテーション法が成立し、1920年職業リハビリテーション法に受け継がれ、民間人にも、補装具の給付、職業斡旋を含む職業リハビリテーションを実施した。1922年には、現..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。