テレビCMとグラフィック広告のクリエイティブの差異について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,752
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     私は、新聞や雑誌などのグラフィック広告は、テレビCMに比べ、受け手がより能動的なのではないかと思う。テレビCMは、ただ暇つぶしにボーっとテレビを眺めているときでも情報を与えてくれるし、それに対し自分が反応することは無く、ただ情報が目の前を通り過ぎていく、という印象がある。しかし、グラフィック広告は、自ら読もうとしなければ読み飛ばされてしまう。テレビCMと違い、相手から一方的に伝えられるのではなく、自らの意思で読む、または見るものだと思うのだ。したがって、この違いが、テレビCMとグラフィック広告のクリエイティブに差異を生み出していると考えられる。
     まず、新聞広告と雑誌広告などのグラフィック広告についてだが、私はグラフィック広告に求められるクリエイティブとは、「新聞や雑誌の保存性という長所を生かした表現」だと思う。流れ去ってしまい、見たいと思ったときに見ることができないテレビCMと違い、新聞や雑誌は繰り返し読むことができる。したがって、情報を詳しく説明し、ブランドイメージやその会社の理念なども盛り込んだ広告作りとなる。また、新聞や雑誌の広告は、読者が自ら読もうとして読む=能動的に広告とかかわってくれるので、その情報の詳細まで覚えてもらいやすい。しかし、読者にその広告を読んでもらうためには、やはり、その紙面はぱっと目を引くもので、一目見てある程度の情報が伝わるものでなければならないと思う。さらに、雑誌広告はその雑誌とタイアップした広告を出しやすい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テレビCMとグラフィック広告のクリエイティブの差異について論述
    私は、新聞や雑誌などのグラフィック広告は、テレビCMに比べ、受け手がより能動的なのではないかと思う。テレビCMは、ただ暇つぶしにボーっとテレビを眺めているときでも情報を与えてくれるし、それに対し自分が反応することは無く、ただ情報が目の前を通り過ぎていく、という印象がある。しかし、グラフィック広告は、自ら読もうとしなければ読み飛ばされてしまう。テレビCMと違い、相手から一方的に伝えられるのではなく、自らの意思で読む、または見るものだと思うのだ。したがって、この違いが、テレビCMとグラフィック広告のクリエイティブに差異を生み出している..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。