自然エネルギー・環境動力概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数492
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    流体機械
     流体機械とは広義には流体を作動物質としたエネルギ変換機をいい、一般的に想像できるポンプ、水車をはじめとしてジェットエンジン、ロケットや自動車のエンジンなども含まれる。
     一般的にエネルギは熱エネルギから流体エネルギに変換され、流体機械によって回転や往復運動といった機械的エネルギに変換、さらにそれをいくつかの機構により力学的エネルギに変換し利用している。最も古くから利用されてきた流体機械の一つである揚水機の起源は今から二千年以上も前になる。
    流体系の発展
     1682年頃には技術が急速に進歩し、流体工学関係では次ぎの二通りの系譜で体系化が進んだ。
    ・水力学→経験工学=実践的工学
    ・流体力学→数学を駆使した理論構築
     実用上は設計を間便に行うため、水力学(流れ学)により経験的に数値の決定が行われることが多い。
    最近のエネルギー事情
     近年、化石燃料資源の枯渇や地球規模での環境問題の発生などの問題が生じている。対策として再生可能エネルギーや自然エネルギーへの注目がされている。今後のエネルギ政策は、広い視野に立って今何が問われているのかを十分に把握して、目先の現象だけにとらわれない施策を遂行する必要がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自然エネルギー・環境動力概論
    流体機械
    流体機械とは広義には流体を作動物質としたエネルギ変換機をいい、一般的に想像できるポンプ、水車をはじめとしてジェットエンジン、ロケットや自動車のエンジンなども含まれる。
    一般的にエネルギは熱エネルギから流体エネルギに変換され、流体機械によって回転や往復運動といった機械的エネルギに変換、さらにそれをいくつかの機構により力学的エネルギに変換し利用している。最も古くから利用されてきた流体機械の一つである揚水機の起源は今から二千年以上も前になる。
    流体系の発展
    1682年頃には技術が急速に進歩し、流体工学関係では次ぎの二通りの系譜で体系化が進んだ。
    水力学→経験工..

    コメント1件

    niizima 購入
    うまくまとめられていました
    2007/06/04 15:28 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。