職業場における曝露磁界測定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数623
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.はじめに
     現在、電磁界の人体への影響が懸念され、様々な研究が行われている。電磁界が人体に影響を及ぼすかどうかということは、医学・生物学分野の研究が不可欠である。しかし、存在する電磁界の測定・解析、体内に誘導される電界や電流の測定・解析を行うことは、医学・生物学分野を補うための工学分野の重要な研究である。
     2004年4月に、労働者の電磁界曝露に関する安全衛生対策についての欧州指令が採択された。今後、国内外において職業場での磁界曝露量のデータ集積とその検討が重要になると考えられるが、欧州に比べると国内職業場での調査例は非常に少ない。そこで、本研究では、職業場における磁界曝露の一例として、放電プラズマ焼結装置周辺の磁界曝露量を実測する。
    2.曝露磁界測定
     放電プラズマ焼結装置はDCパルス電流が1000[A]以上流れるため、直流磁界が発生している。この電流から発生する直流磁界は地球の地磁気よりも大きい。また、三相交流電源からDCパルス電流を発生させる過程で同時に交流磁界も発生している。従って、直流磁界と交流磁界のそれぞれ3方向の成分を実測し磁界環境を評価する。直流磁界は製作した磁界測定器を用い、交流磁界は磁界測定器EMDEX?を用いて測定する。
    2.1.直流磁界
    2.1.1.ホール素子の原理
      ホール素子は、磁界を電圧として出力する半導体磁気センサである。ホール素子THS119は4端子素子で、それぞれ1対の入力端子と出力端子を持っている。
      図1にホール素子の原理図を示す。半導体に電流を流すと、内部の電子は電流の方向と逆方向に移動する。ここで外部磁界を加えると、電子にローレンツ力と呼ばれる電磁力が作用し、運動方向が曲げられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    職業場における曝露磁界測定
    Measurement of Magnetic Field Exposure of Workers
    Directive was adopted on the minimum health and safety requirements regarding the exposure of workers to the risks arising from electromagnetic fields. It is now considered necessary to introduce measures protecting workers from the risks associated with electromagnetic fields, owing to their effects on the health and safety of workers. Since there is a spark plasma sintering system in this college which produces AC and DC magnetic ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。