学習指導案の意義と作成上留意しなければならないこと

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数3,478
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学習指導案の意義と作成上留意しなければならないことについて述べなさい。
     学習指導案とは、教師が授業をどのように進めていくかを記載した、学習指導の計画書である。
     例えば、何時間(何回)の授業で、どのような学習形態(一斉授業、グループ学習、体験学習、調べ学習など)をもって指導するかといったものを記すものである。教師が授業を行なうにあたり、年間指導計画に基づき、各単元をどのように指導するかを計画していくもので、単元の目標を達成するために、今回の授業で何をどのような順序や方法で指導し、また児童・生徒を評価するかについて、一定の形式にまとめたものが学習指導案である。
     この学習指導案とは、学習指導の充実を目指し、教員が経験と直感のみに頼って指導を行なうことを避け、経験と研修によって得た成果を理論的に整理し、学習指導の客観化を図るという意義を持っている。さらに学習指導案の質の高さは、教員の教材研究や児童・生徒の実態把握の深さを示すものであり、学習の効果を左右するので、その作成については十分な注意が必要とされている。
     広義において教育方法とは、人をより成熟させるための手だて全般を広範に指す語..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。