緑化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数310
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    文献1
     屋上緑化は都心におけるヒートアイランド現象の緩和と絡めてその断熱効果は一般的によく知られているが、紫外線からの防水層保護効果、集中降雨時の雨水保持効果さらに利用者への心理的効果などさまざまな効果が挙げられる。また、その形態も芝生による広域緑化、屋上菜園、など多種多様だ。
     しかし、イメージが先行して語られることへの懸念もある。たとえば、既存建築への屋上緑化では「屋上の芝生の上に寝転がって木陰で読書でも」というのはほぼ現実不可能だ。なぜなら高木の積載荷重の問題、緑化部分のメンテナンスとその際の安全性の問題が存在するからだ。
     建物の物理状況や使用状況に即して適切に組み合わせ、供用段階まで見通して提供する方法を知っている人はまだ少ない。というのが屋上緑化の現状といえる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    緑化の必要性
    文献1
      屋上緑化は都心におけるヒートアイランド現象の緩和と絡めてその断熱効果は一般的によく知られているが、紫外線からの防水層保護効果、集中降雨時の雨水保持効果さらに利用者への心理的効果などさまざまな効果が挙げられる。また、その形態も芝生による広域緑化、屋上菜園、など多種多様だ。
    しかし、イメージが先行して語られることへの懸念もある。たとえば、既存建築への屋上緑化では「屋上の芝生の上に寝転がって木陰で読書でも」というのはほぼ現実不可能だ。なぜなら高木の積載荷重の問題、緑化部分のメンテナンスとその際の安全性の問題が存在するからだ。
    建物の物理状況や使用状況に即して適切に組み合わせ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。