MylarTM and Teflon-AFTM as cell culture substrates for studying endothelial cell adhesionのまとめ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数334
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート理工学細胞XPS固定

    代表キーワード

    細胞理工学

    資料紹介

    Biomaterials 26 (2005) 6887-6896
    MylarTM and Teflon-AFTM as cell culture substrates for studying endothelial cell adhesion
    Charles C. Anamelechi, George A. Truskey, W. Monty Reichert
    Department of Biomedical Engineering, Duke University, Durham, NC 27708-0281, USA
    ● この論文を選んだ経緯
     私の研究は、ポリプロの表面を改質することにより疎水表面に親水性スポットを作るということを行っている。この論文では、高分子膜に細胞を固定するために高分子膜にたんぱく質を付着させるという改質を行っている。今回、その処理法や評価法について参考にする。
    ● はじめに
     50万件以上の冠動脈バイパス移植(CABG)手術が米国で毎年行われている。冠動脈の血管壁は内膜、中膜、外膜の3層からできている。内膜は一つの層になった血管内皮細胞(EC)が並んでいて、必要な成分を血液から取り込む重要な役目のほか、細菌など外からの侵入に対し臓器を保護する役割を担っている。血栓ができるのを防ぐ働きもあり、血管壁が障害を受けて構造が変化し、ECが障害を受けると、血栓を防ぐ機能が果たせなくなる。
     この研究では、DacronTM、ePTFE血管移植物質の組織培養模造品のようなMylarTMとTeflon-AFTMの透明なフィルムの有用性について証明し、血管培養物質へのEC粘着のインビトロモデル開発に関する初めの段階の必要性を述べている。
    ● 基質
     細胞を付着するための基質として9種類用いられた。基板にはガラス、MylarTM、Teflon-AFTMを用い、それぞれに以下のものを吸着させた。
    ?“No ligand”…化学処理をしていないHUVEC
    ?“FN”…FNを吸着させている基盤に化学処理をしていないHUVEC
    ?“Dual Ligand”…FNとb-BSAの混合したものを吸着させている基盤にSA-b-HUVEC

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    文献紹介
    Biomaterials 26 (2005) 6887-6896
    MylarTM and Teflon-AFTM as cell culture substrates for studying endothelial cell adhesion
    Charles C. Anamelechi, George A. Truskey, W. Monty Reichert
    Department of Biomedical Engineering, Duke University, Durham, NC 27708-0281, USA
    この論文を選んだ経緯
    私の研究は、ポリプロの表面を改質することにより疎水表面に親水性スポットを作るということを行っている。この論文では、高分子膜に細胞を固定するために高分子膜にたんぱく質を付着させるという改質を行っている。今回、その処理法や評価法について参考にする。
    はじめに
    50万件以上の冠動脈バイパス移植(CABG)手術が米国で毎年行われている。冠動脈の血管壁は内膜、中膜、外膜の3層からできている。内膜は一つの層になった血管内皮細胞(EC)が並んでいて..

    コメント2件

    tarouw 購入
    参考にさせていただきます。
    2006/07/30 23:40 (10年4ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 2:44 (10年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。