恋愛小説から考える教育論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数423
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「教育は恋愛と同じ」という考え方がある。少しずつお互いが歩み寄って育てていくもので、片方だけが大きいとアンバランスになってしまう。例えば教師の過剰期待が生徒にとってストレスになってしまったり、生徒はやる気があるのに教師が無気力であれば次第に生徒もやる気がなくなってしまったりと。
     反対に教師が伸びる、と信じて教育を行った場合、生徒が期待以上に伸びるという「ピグマリオン効果」がローゼンタールによって証明された。
     ところでこの「ピグマリオン効果」の語源はギリシャ神話だそうだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    恋愛小説から考える教育論
     「教育は恋愛と同じ」という考え方がある。少しずつお互いが歩み寄って育てていくもので、片方だけが大きいとアンバランスになってしまう。例えば教師の過剰期待が生徒にとってストレスになってしまったり、生徒はやる気があるのに教師が無気力であれば次第に生徒もやる気がなくなってしまったりと。
     反対に教師が伸びる、と信じて教育を行った場合、生徒が期待以上に伸びるという「ピグマリオン効果」がローゼンタールによって証明された。
     ところでこの「ピグマリオン効果」の語源はギリシャ神話だそうだ。自分が彫刻した女性の像に恋をし、それに生命を与えたいと強く願ったところ、ついにその願望が成就し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。