計算機の使い方

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数610
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ・概要
    今回はコンピュータグラフィックス(Computer Graphics :CG)を実際に作り動かす実験を行った。使った言語は「J3W」というCG作成環境に含まれている「J3C」(オブジェクト指向)プログラミング言語を利用し、CGを作成した。
    CGはコンピュータを使った設計(ビルディングや橋梁のような巨大建築物,自動車・船舶・航空機,家電製品,家具,衣服,容器など) に応用されている。
    その他、娯楽では映画,CGアート、ゲームなどや仮想現実(人工現実ともいう)でコンピュータにより人工で環境を作り,現実にはないものを現実のように見せる技術も発達してきた。その応用で、訓練用シミュレータ,障害用/教育用補助装置,仮想設計,仮想彫塑,等々の事が行える。
    第一週のレポートについて
    第一週では何らかの物体を表示させ回転移動させた。
    課題では多面体を
    1:Z軸周りに4秒間で180度回転(RotBank)
    2:X軸周りに9秒間で270度回転(RotHead)
    3:Y軸周りに2秒間で90度回転(RotPitch)
    の移動を行った。
    ・line1でTetrahedronという四面体についてのクラスを定義した。
    ・Line2でcolor1という変数の値を決め、line4から16までで物体の頂点と面の数を指定し、形を決定するINITだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    電気実験報告書
    計算機の使い方(2)
    実験日 8/28、9/8
    提出日 9/12
    概要
    今回はコンピュータグラフィックス(Computer Graphics :CG)を実際に作り動かす実験を行った。使った言語は「J3W」というCG作成環境に含まれている「J3C」(オブジェクト指向)プログラミング言語を利用し、CGを作成した。
    CGはコンピュータを使った設計(ビルディングや橋梁のような巨大建築物,自動車・船舶・航空機,家電製品,家具,衣服,容器など) に応用されている。
    その他、娯楽では映画,CGアート、ゲームなどや仮想現実(人工現実ともいう)でコンピュータにより人工で環境を作り,現実にはないものを現実のように見せる技術も発達してきた。その応用で、訓練用シミュレータ,障害用/教育用補助装置,仮想設計,仮想彫塑,等々の事が行える。
    第一週のレポートについて
    第一週では何らかの物体を表示させ回転移動させた。
    課題では多面体を
    1:Z軸周りに4秒間で180度回転(RotBank)
    2:X軸周りに9秒間で270度回転(RotHead)
    3:Y軸周りに2秒間で90度回転(RotPitch)
    の移動..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。