数学科における関心・意欲

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数400
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.関心・意欲が高まるとはどういうことか。
    ?自分で一応解決しようとする。
    ・自力解決と呼ばれるものであり、数学の問題が与えられたとき、とにかく自分自身で問題を解決しようという姿勢がみられることである。
    ?ある解き方が見つかったら、他にも解き方がないだろうか、もっと「うまい」やり方はないだろうかと考えようとする。
    ・数学の答えは1つであり、その解き方も1つである考えている教師もまだ意外と多い。数学に対する態度が生徒の関心・意欲を高くするも低くするも教師次第である。
    ?なぜかを追求しようとする。
    ・ある事柄が成り立つとか、あることが分かったというとき、なぜだろうという疑問をもったり、その「なぜ」という問いを推し進めてみたりすることである。
    ?問題解決後そこから何か新しい問題がつくれないだろうかと考えてみようする。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    関心・意欲が高まるとはどういうことか。
    自分で一応解決しようとする。
    ・自力解決と呼ばれるものであり、数学の問題が与えられたとき、とにかく自分自身で問題を解決しようという姿勢がみられることである。
    ある解き方が見つかったら、他にも解き方がないだろうか、もっと「うまい」やり方はないだろうかと考えようとする。
    ・数学の答えは1つであり、その解き方も1つである考えている教師もまだ意外と多い。数学に対する態度が生徒の関心・意欲を高くするも低くするも教師次第である。
    なぜかを追求しようとする。
    ・ある事柄が成り立つとか、あることが分かったというとき、なぜだろうという疑問をもったり、その「なぜ」という問いを推し進めてみたりすることである。
    問題解決後そこから何か新しい問題がつくれないだろうかと考えてみようする。
    ・問題解決という活動を考えたとき、解決したらおしまいということではなく、また新しい問題が生まれてくるという立場で問題解決を捉えてみる。
    学んだことを別の表現で、あるいは自分の言葉で言い換えてみようとする。
    ・自分自身で自分の言葉で学んだことを言い表してみたり、別の表現で言うとどうなるかを考..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。