テネシー・ウィリアムズ作『ガラスの動物園』の主題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,073
ダウンロード数69
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     『ガラスの動物園』は追憶の劇であり、その場の雰囲気や工夫を凝らした演出が重要な劇である。ウィリアムズはスクリーン、音楽照明を用いて写実的な手法にとらわれることなく自由な演出をした。スクリーンを使用することによって大事な場面を強調し、音楽は意識の間を出入りしながら果てしなく響き、場面と場面を結びつけ、語り手から主題を暗示させる役割を果たす。また、照明は追憶の雰囲気に合わせほの暗くして場面の中心人物や焦点に当てる。このような手法は現実離れした様子を表現することに直結するようだが、ウィリアムズは真実を追求するための演劇には自由な手法で現実を捉え、それを詩的変容によって表現することが写実的な表現よりも大事なことであるとしている。
     『ガラスの動物園』は、「紳士の訪問にそなえて」という題の第一部と「紳士の訪問」という題の第二部に分かれ、またそれぞれが五場と二場から構成されている。七場全体を通して話が展開すると言うより、過去の思い出を断片的に描く形をとっており、内容はどこでもあるような一家族の姿を追いかけたものである。家族の名はウィングフィールドで、母親のアマンダ、娘のローラ、息子のトムそして第二部で登場する青年ジム・オコナが登場人物のすべてである。第一場冒頭のセリフの中で、ウィングフィールド一家の挫折の背景となる1930年代のアメリカ社会を巨大な生きものとして捉え、社会をありのままの姿で表わすのではなく語り手トムに意味をもつように描かれている。当時のアメリカ社会はスペイン戦争により経済は崩壊し、その結果、多数の下層階級が生まれ、びっしりと詰め込まれた高層アパートに住んで機械のように行動し、そのアパートはこれらの人々の行動様式を象徴している、と追憶形式で描いている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ガラスの動物園』は追憶の劇であり、その場の雰囲気や工夫を凝らした演出が重要な劇である。ウィリアムズはスクリーン、音楽照明を用いて写実的な手法にとらわれることなく自由な演出をした。スクリーンを使用することによって大事な場面を強調し、音楽は意識の間を出入りしながら果てしなく響き、場面と場面を結びつけ、語り手から主題を暗示させる役割を果たす。また、照明は追憶の雰囲気に合わせほの暗くして場面の中心人物や焦点に当てる。このような手法は現実離れした様子を表現することに直結するようだが、ウィリアムズは真実を追求するための演劇には自由な手法で現実を捉え、それを詩的変容によって表現することが写実的な表現よりも大事なことであるとしている。
     『ガラスの動物園』は、「紳士の訪問にそなえて」という題の第一部と「紳士の訪問」という題の第二部に分かれ、またそれぞれが五場と二場から構成されている。七場全体を通して話が展開すると言うより、過去の思い出を断片的に描く形をとっており、内容はどこでもあるような一家族の姿を追いかけたものである。家族の名はウィングフィールドで、母親のアマンダ、娘のローラ、息子のトムそして第二..

    コメント5件

    chikochan 購入
    1
    2006/09/06 22:28 (10年3ヶ月前)

    maibaum 購入
    助かりました
    2006/11/05 12:08 (10年1ヶ月前)

    sakura14 購入
    参考になりました。
    2007/02/19 1:46 (9年10ヶ月前)

    naoto24 購入
    参考になりました。
    2007/05/06 16:56 (9年7ヶ月前)

    michi0204 購入
    参考になりました。
    2007/06/16 11:43 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。