学校外のスクールカウンセラーが行う学校カウンセリングの意義と効用

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数416
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     教師とカウンセリングの関係では、専門的なカウンセラーが行う治療的なカウンセリングよりも、生徒の発達的な側面に注目して、ひとりひとりの全面的な発達をめざす「開発的カウンセリング」のほうが、実践的には関係が深い。なぜなら、教師がすべての生徒を対象に行う日常的な教育活動の一環として位置づけられるので、生徒指導や進路指導とも密接に関連するからである。生徒指導も進路指導もその本質的な目標は、生徒の自己実現に関する自己指導能力を育成することである。その目標の達成には、育てることを目的とした開発的カウンセリングが重要な方法となる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学校外のスクールカウンセラーが行う学校カウンセリングの意義と効用」
     教師とカウンセリングの関係では、専門的なカウンセラーが行う治療的なカウンセリングよりも、生徒の発達的な側面に注目して、ひとりひとりの全面的な発達をめざす「開発的カウンセリング」のほうが、実践的には関係が深い。なぜなら、教師がすべての生徒を対象に行う日常的な教育活動の一環として位置づけられるので、生徒指導や進路指導とも密接に関連するからである。生徒指導も進路指導もその本質的な目標は、生徒の自己実現に関する自己指導能力を育成することである。その目標の達成には、育てることを目的とした開発的カウンセリングが重要な方法となる。
     ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。