新しい火山(富士山)の特徴

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,443
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     よく美しいものに例えられる富士山。その富士山の美しい理由は、富士山がごくごく新しい火山であり、侵食がほとんど進んでいないためである。富士山の誕生は約10万年前。これは、木曽の御岳山起源の御岳第一軽石と呼ばれるテフラ(火山砕屑物)より上位に富士山起源の噴出物があり、下位には箱根などの噴出物しかないからだ。御岳第一軽石の年代は約10万年前だから、富士山の年齢も10万歳というわけである。富士山は小御岳火山、古富士火山、新富士火山の3つの火山体からなる「複合成層火山」であり、一番新しい新富士火山の活動は5000〜6000年前ごろに始まり、およそ1000年まえに終了したばかりなのである。大規模な侵食といえば、大沢崩れだけである。そのため富士山の植物の垂直分布帯や動植物相は未熟である。
     そのため、日本アルプスなどと比較すると、1800m以上で表れるハイマツは分布していないし、2400m以上のハイマツ帯に生息する雷鳥もいない。しかし、逆に他の山には見られない特徴が富士山には存在する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    よく美しいものに例えられる富士山。その富士山の美しい理由は、富士山がごくごく新しい火山であり、侵食がほとんど進んでいないためである。富士山の誕生は約10万年前。これは、木曽の御岳山起源の御岳第一軽石と呼ばれるテフラ(火山砕屑物)より上位に富士山起源の噴出物があり、下位には箱根などの噴出物しかないからだ。御岳第一軽石の年代は約10万年前だから、富士山の年齢も10万歳というわけである。富士山は小御岳火山、古富士火山、新富士火山の3つの火山体からなる「複合成層火山」であり、一番新しい新富士火山の活動は5000~6000年前ごろに始まり、およそ1000年まえに終了したばかりなのである。大規模な侵食とい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。