旅行商品購買決定要因としてのブランド認知度の重要性に関して

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数715
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    日本の旅行業のブランド・マーケティングに関する研究
    -旅行商品購買決定要因としてのブランド認知度の重要性に関して
    ブランド:名前、用語、サイン、シンボル、デザイン、あるいはそれらの組み合わせであり、ある売り手、あるいは売り手グループの商品を競争者の商品から区別する目的でつけられたものである。(Philip Kotler:マーケティングマネジメント、第4版)
    ブランド・マーケティング:顧客に支持される価値を生み出すために,ブランドの基本設計をしっかりと行い、それを関係者で共有し、一貫性を持って実行し、評価する活動のことを指す。(博報堂ブランドコンサルティング:ブランドマーケティング、2000)


    1.研究の背景
    旅行業は、旅行者と旅行手段の提供者(交通機関、宿泊施設、飲食業、娯楽業などの旅行関連事業者)との間に位置して、旅行効果(旅行者にとっては旅行目的の達成と満足、事業者にとっては利潤)を極大化させるために、その双方に触媒的機能を果たすように、さまざまなサービスを提供するビジネスのことであり、一般に「旅行代理店」あるいは「トラベル・エージェント」と呼ばれることが多い。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の旅行業のブランド・マーケティングに関する研究
    -旅行商品購買決定要因としてのブランド認知度の重要性に関して
    ブランド:名前、用語、サイン、シンボル、デザイン、あるいはそれらの組み合わせであり、ある売り手、あるいは売り手グループの商品を競争者の商品から区別する目的でつけられたものである。(Philip Kotler:マーケティングマネジメント、第4版)
    ブランド・マーケティング:顧客に支持される価値を生み出すために,ブランドの基本設計をしっかりと行い、それを関係者で共有し、一貫性を持って実行し、評価する活動のことを指す。(博報堂ブランドコンサルティング:ブランドマーケティング、2000)
    1.研究の背景
    旅行業は、旅行者と旅行手段の提供者(交通機関、宿泊施設、飲食業、娯楽業などの旅行関連事業者)との間に位置して、旅行効果(旅行者にとっては旅行目的の達成と満足、事業者にとっては利潤)を極大化させるために、その双方に触媒的機能を果たすように、さまざまなサービスを提供するビジネスのことであり、一般に「旅行代理店」あるいは「トラベル・エージェント」と呼ばれることが多い。
    日本の旅行業はバブ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。