裁判所システムについて

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数561
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【0】 はじめに
     本レポートでは、社会システムの一つとして「裁判のシステム」をとりあげようと思う。この裁判のシステムについては、法科大学院の設置を含む司法制度改革においても日本の英知たちにとりあげられてきたところではあるが、今一度自分なりに考えてみることにする。
    参考資料
    ・ 最高裁判所HP http://courtdomino2.courts.go.jp/home.nsf
    ・ 司法制度改革審議会 http://www.kantei.go.jp/jp/sihouseido/
    ・ 司法の病巣 産経新聞司法問題取材部
    【1】 諸要素及びその関係
    (1) 三審制
     第一審,第二審,第三審の3つの審級の裁判所を設けており、当事者が望めば原則的に3回までの反復審理を受けられるという制度を三審制と呼ぶ。第一審から第二審への不服申立てを控訴、第二審から第三審への不服申立てを上告という。また、控訴と上告を併せて上訴という。
    (2) 審級制
     個々の裁判所はそれぞれ独立して裁判権を行使するため、下級審の裁判所が上級審の裁判所の指揮監督を受けることはない。ただし上告された件に関しては、上級審の裁判所は下級審の裁判所の裁判の当否を審査する権限を有しており、上級審の裁判所の判断が下級審の裁判所の判断より優先する。このような制度を審級制度と呼ぶ。
    (3) 裁判所
     憲法第76条第1項に「すべて司法権は,最高裁判所及び法律の定めるところに設置する下級裁判所に属する。」とあるようにわが国では、最終審・最上級の裁判所として最高裁判所を1つ設け、裁判所法により下級裁判所として高等裁判所・地方裁判所・家庭裁判所・簡易裁判所の4種類の裁判所を設けている。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    【0】 はじめに
    本レポートでは、社会システムの一つとして「裁判のシステム」をとりあげようと思う。この裁判のシステムについては、法科大学院の設置を含む司法制度改革においても日本の英知たちにとりあげられてきたところではあるが、今一度自分なりに考えてみることにする。
    参考資料
    最高裁判所HP http://courtdomino2.courts.go.jp/home.nsf
    司法制度改革審議会 http://www.kantei.go.jp/jp/sihouseido/
    司法の病巣 産経新聞司法問題取材部
    【1】 諸要素及びその関係
    (1) 三審制
    第一審,第二審,第三審の3つの審級の裁判所を設けており、当事者が望めば原則的に3回までの反復審理を受けられるという制度を三審制と呼ぶ。第一審から第二審への不服申立てを控訴、第二審から第三審への不服申立てを上告という。また、控訴と上告を併せて上訴という。
    (2) 審級制
     
    個々の裁判所はそれぞれ独立して裁判権を行使するため、下級審の裁判所が上級審の裁判所の指揮監督を受けることはない。ただし上告された件に関しては、上級審の裁判所は下級審の裁判所..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。