ジェンダーエクイエティー

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数235
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <「家族とジェンダー」の要約>
     公的世界には女性排除や女性差別が存在している。これらの組織や領域の目的はジェンダーとは無関係であるため、ジェンダー・バイアスが見えやすい。一方家族にはジェンダーが本質的に埋め込まれている。そのためそこにジェンダー・バイアスが見られても、ジェンダーの問題として把握することを妨げているのだ。
    家族という領域におけるジェンダーは「女(男)性であると見られたい」「自分が作っている関係は個人的であると思いたい」「家族は自然でありたい」という人の欲求が溢れている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <「家族とジェンダー」の要約>
     公的世界には女性排除や女性差別が存在している。これらの組織や領域の目的はジェンダーとは無関係であるため、ジェンダー・バイアスが見えやすい。一方家族にはジェンダーが本質的に埋め込まれている。そのためそこにジェンダー・バイアスが見られても、ジェンダーの問題として把握することを妨げているのだ。
    家族という領域におけるジェンダーは「女(男)性であると見られたい」「自分が作っている関係は個人的であると思いたい」「家族は自然でありたい」という人の欲求が溢れている。これがいかに形成され、いかに作用しているかを考察することが大切なことである。
     家族を作り出すものは性的魅力で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。