DV防止法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数494
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    DVは、一般的に「夫やパートナーが、妻や恋人に対してふるう暴力」として説明される。しかし、女性から男性や同性愛のカップルにおいてもDVは起こっている。DVに行使される暴力の種類としては、①身体的暴力、②精神的暴力、③性的暴力という3つに分けることができる。DVには、「緊張の蓄積期」(第1相)→「暴力爆発期」(第2相)→「ハネムーン期」(第3相)という一定の周期がある。
                 http://www.furukawadenko-kenpo.com/HCRoom/052.thml
    以上を踏まえた上で、このレポートではまず、平成12年2月総理府男女共同参画室発表の「男女間における暴力に対する調査」(全国20歳以上の男女4500人対象)より
    (1)夫婦間暴力と認識される行為とはどんなものがあるのか
    (2)公的機関等の関与の必要性についての意識はどうなっているのか
    (3)身体的な暴行被害の相談の有無(相談しなかった理由)
    (4)性的な暴行被害の相談の有無(相談しなかった理由)
    (5)(4)の加害者と被害者の関係
    (6)仮に被害を受けたとした場合の相談意志の有無
    をまとめる。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。