温暖化による気候の変動および経済的影響とその対策について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数549
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.課題の意義などについて
    近年における急速な温暖化とそれによるあらゆる環境への影響は今後誰もが大いに注目しているところであろう。それは急激な温暖化は地球全体の環境の大きな変化をもたらし、その変化はわれわれの生活にも影響してくる恐れがあるからであると思われる。現に気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の2001年の報告書では、420件もの温暖化による自然界での影響―氷河の後退、海氷の減少、集中豪雨の増加、海面上申による海岸侵食、降雨量の変化―が指摘され、国によっては洪水や干ばつの増加、感染症の蔓延、食料生産量の減少などが予測された。しかし、今後の地球環境や我々の社会の運命の鍵を握る重要な事柄であるにもかかわらず、その変化による影響などの詳しいことはわかっていないことが多い。今回のレポートでは最近の研究や調査によって明らかになってきた影響の実態を見ていき、今後の展望や我々がどのような行動をとるべきかについて書いていくことにする。
    2.研究および調査報告(学術論文要旨)
    ?.北半球における地上気温急変現象の気候学的研究
    この研究は北半球全域の数日規模の地上気温変動を解析し、その長期変動傾向予測のための基礎的な情報収集を行うこと(具体的には数日規模の気温変動現象が発生しやすい地域・季節を特定し、多発地域における長期昇温傾向と気温急変イベントの発生頻度との対応の調査)を研究目的としている。ここでは、発生回数の多い4地域(西シベリア、アラスカ、カナダ北西部、カナダ南東部)を対象地域とし、調査を行ったところ、広域気温急変イベントの発生期間は、大部分が寒候期(11月から2月)であった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    温暖化による気候の変動および経済的影響とその対策について
    1.課題の意義などについて
    近年における急速な温暖化とそれによるあらゆる環境への影響は今後誰もが大いに注目しているところであろう。それは急激な温暖化は地球全体の環境の大きな変化をもたらし、その変化はわれわれの生活にも影響してくる恐れがあるからであると思われる。現に気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の2001年の報告書では、420件もの温暖化による自然界での影響―氷河の後退、海氷の減少、集中豪雨の増加、海面上申による海岸侵食、降雨量の変化―が指摘され、国によっては洪水や干ばつの増加、感染症の蔓延、食料生産量の減少などが予測された。しかし、今後の地球環境や我々の社会の運命の鍵を握る重要な事柄であるにもかかわらず、その変化による影響などの詳しいことはわかっていないことが多い。今回のレポートでは最近の研究や調査によって明らかになってきた影響の実態を見ていき、今後の展望や我々がどのような行動をとるべきかについて書いていくことにする。
    2.研究および調査報告(学術論文要旨)
    Ⅰ.北半球における地上気温急変現象の気候学的研究
    この研究は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。