ルネサンス時代の生物研究について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数487
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「1、ルネサンス時代について
    「暗黒時代」と称されてきた中世とは対照的に、ルネサンスは輝かしい「文芸復興の時代」として位置づけされてきた。しかし近年、中世も見直されて、それなりに安定した幸せな環境であったであろうと解されてきた。そうすると、ルネサンスが安定していたという基準がなくなり、「過渡期的混乱の時代」であったということになる。
    ルネサンス時代特有の特徴としては、観察と実験を中心に実施するという事実があげられている。さらにこの時代は、自然と人間を権威から解放して、多面的な活動をする人間を生んだとされている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ルネサンス時代の生物研究の特色について
    1、ルネサンス時代について
    「暗黒時代」と称されてきた中世とは対照的に、ルネサンスは輝かしい「文芸復興の時代」として位置づけされてきた。しかし近年、中世も見直されて、それなりに安定した幸せな環境であったであろうと解されてきた。そうすると、ルネサンスが安定していたという基準がなくなり、「過渡期的混乱の時代」であったということになる。
    ルネサンス時代特有の特徴としては、観察と実験を中心に実施するという事実があげられている。さらにこの時代は、自然と人間を権威から解放して、多面的な活動をする人間を生んだとされている。また、この時代のもう一つの特徴として、数学的方法と実験的方法の結合があげられる。
    この時代を代表する人物であるレオナルド・ダ・ヴィンチは、芸術・科学・技術など広い範囲において活動をし、万能の天才と呼ばれた。彼の残した手稿の中で、パリ手稿、アトランティコ手稿及びマドリッド手稿は、レオナルド・ダ・ヴィンチの三大手稿といわれ、現在もヨーロッパ各地の図書館や美術館に収蔵されている。これらの手稿の大部分は、科学や技術に関するものであり、レオナルド・ダ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。