真空に関する諸学説について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数529
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1、古代の真空説について
    原子論を完成させたデモクリトスは、宇宙を含む自然とは、目に見えない微少な粒子とその微粒子が動く空間から成り立っていると主張した。また、原子とは形、大きさ、位置、順序がすべて違い、無数にあり、原子の中には運動の原因が含まれているとした。そして、原子のまわりにある空間は真空の状態であり、原子はその中を自由に運動することができると定義した。
    アリストテレスが述べた上下運動とは、それぞれの元素が固有の場所へ戻るための運動であり、起動者が元素自身の中にあるとし、これを自然の運動と呼んだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     真空に関しての諸学説及び各実験について
    1、古代の真空説について
    原子論を完成させたデモクリトスは、宇宙を含む自然とは、目に見えない微少な粒子とその微粒子が動く空間から成り立っていると主張した。また、原子とは形、大きさ、位置、順序がすべて違い、無数にあり、原子の中には運動の原因が含まれているとした。そして、原子のまわりにある空間は真空の状態であり、原子はその中を自由に運動することができると定義した。
    アリストテレスが述べた上下運動とは、それぞれの元素が固有の場所へ戻るための運動であり、起動者が元素自身の中にあるとし、これを自然の運動と呼んだ。いくつかの元素で構成されている物体は、それに含まれている元素の量の多少により運動の方向が定められるのである。これに対し、物体を投げるなどの外力により起きる運動は、強制された運動と呼んだ。強制された運動は、運動の原因である起動者がなくなれば、運動が止まってしまうか、自然の運動に移ってしまうものである。
    さらにアリストテレスは、自由落下運動において、媒質が違う場合と運動体の重さが違う場合について考え、落下する運動体の速度は重さに比例し、媒質の抵抗に反..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。