若者のアイデンティティの混乱

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,034
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問)現代の青年は「アイデンティティの混乱」の問題に直面しやすいと言われるが、それはなぜか。
    かつての日本においてみられた共同体のなかでは、若者は15歳で成人式を向かえ自分の属する社会の大人たちに仲間入りし、若者たちで形成される若者組に参加する。この若者組とは、構成は結婚する前までだったり長男だけであったりとその地域によって様々だったが、主に火災や洪水などの災難から村を護ることを目的とした組織であった。この組織に参加することを境に、自己形成の場が親元から社会集団の中へと移行してゆく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問).現代の青年は「アイデンティティの混乱」の問題に直面しやすいと言われるが、
    それはなぜか。
    かつての日本においてみられた共同体のなかでは、若者は15歳で成人式を向かえ自分の属する社会の大人たちに仲間入りし、若者たちで形成される若者組に参加する。この若者組とは、構成は結婚する前までだったり長男だけであったりとその地域によって様々だったが、主に火災や洪水などの災難から村を護ることを目的とした組織であった。この組織に参加することを境に、自己形成の場が親元から社会集団の中へと移行してゆく。青年たちは集団で社会的機能を果たしてゆくなかで、所属する社会の成員としての行動体系や思想を学習していったのであ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。